醒井養鱒場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

醒井養鱒場(さめがいようそんじょう)は、滋賀県米原市にある、県立淡水魚養殖・研究施設。滋賀県には滋賀県水産試験場彦根市にあるが、琵琶湖漁業が(漁業法で)の扱いとなるため、滋賀県内水面水産試験場と位置づけてもよい。

  • またその規模は、東洋一を誇るといわれる。

沿革[編集]

  • 1878年(明治11年) 琵琶湖に棲むビワマスの養殖の目的で県営孵化場を設置する。
  • 1879年(明治12年) 現在地に移転する。
  • 1885年(明治18年) 民間に払い下げる。
  • 1929年(昭和4年) 再び県営、滋賀県立水産試験場付属醒井養鱒場となる。
  • 1977年(昭和52年) 滋賀県醒井養鱒場となる。
  • 1992年(平成4年) 採卵場を新築。水源地の集水槽内に自動除塵設備を整備。
  • 1993年(平成5年)〜1994年(平成6年) 養魚用水路に自動除塵設備を整備し、稚魚池、親魚飼育池および餌付池に自動給餌機を設置。
  • 1997年(平成9年) 老朽化した飼育池を解体、排水処理施設、研修施設、渓流魚観察池および渓流釣り体験池等を新設。
  • 2000年(平成12年) 滋賀県水産試験場醒井養鱒分場となる。

交通[編集]

JR醒ケ井駅より近江鉄道バス利用、養鱒場行き約10分。

米原ICから国道21号伊吹関ケ原方面へ。醒ヶ井駅前交差点を右折。

施設[編集]

醒井渓谷の豊かな水を利用し、ニジマスを主に、アマゴイワナなど清流のみでしか生息することができない数々の淡水魚が生育されており、総面積は約19 haである。大小80あまりの池があり、ニジマスの数に関しては約160万尾といわれる。場内には釣り堀や料理店があり、釣り堀で釣った鱒を料理店に持ち込んで、調理してもらうことも可能。場内には、清流飲用所もある。

なお、ここで養殖されたニジマスは、JR米原駅駅弁である「元祖鱒寿し」の食材としても使用されている。

入場料[編集]

  • 大人:500円
  • 高校生・大学生:300円
  • 小学生・中学生:無料
  • 6歳未満:無料
  • 滋賀県内在住の65歳以上:無料
  • 障害者:無料

開館時間[編集]

  • 8:30〜17:00(3月〜6月・10月〜11月)
  • 8:30〜18:00(夏期…7月〜9月)
  • 8:30〜16:00(冬期…12月〜2月)
  • 休業日 - 年末年始(12月28日〜1月4日)

所在地[編集]

滋賀県米原市上丹生

関連項目[編集]

  • 滋賀県水産試験場:琵琶湖は淡水湖だが、漁業法で海の漁業の扱いとなるため、滋賀県のの漁業としての研究・調査などを行う機関。

外部リンク[編集]


座標: 北緯35度18分0.1秒 東経136度20分21.2秒