鄭南榕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鄭 南榕(てい なんよう、英語:Cheng Nan-jung、1947年9月12日 - 1989年4月7日)は、台湾の民主化運動家。

鄭南榕肖像

台湾の政治雑誌「自由時代」の編集長。台湾の国民党政治の反対派を支持し、表現の自由を訴え、台湾の民主化を促進し、台湾独立運動を主張した。 妻は政治家の葉菊蘭。鄭南榕の父親は中国本土の福建省・福州の人でいわゆる「外省人」、母親は台湾にルーツのある「本省人」だった。国民党による戒厳令下の台湾で政府の厳しい検閲に逢いながら5年8ヶ月、302号、雑誌「自由時代」を出し続けた(厳密には、その反政府的な内容から出版禁止に追い詰められるたびに微妙にタイトルを変えていたが、「時代」と言う言葉を残し、デザインもほぼ統一していたために、一目に鄭南榕の雑誌と分かるものだった)。「100%言論の自由」を常に主張した。

韓国の民主化運動に強く影響を受けての行動とされている。編集室は今もくろこげた状態で台湾の松山にそのまま鄭南榕記念館として残されていて、その前の通りは「自由巷」と名付けられている。また、4月7日は台湾の「言論の自由の日」に定められている。

雑誌「自由時代」の創刊の他にも、「二二八平和デー促進会」を設立して、第二次大戦後に台湾で発生した悲劇の「二二八事件」に対しての救済を求めた。また、「519グリーンアクション」を2回発動し、群衆の力で当局に戒厳令の解除を迫った。1986年の生涯で初めて逮捕、8ヶ月の懲役を含め2度、国民党政権に逮捕されている。

彼の焼身自殺は国民運動の高まりに大きな影響を与え、台湾政治改革の起爆剤となった。