都城市立図書館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Map symbol (Library) w.svg 都城市立図書館
Miyakonojo City Library
Miyakonojo City Library 2010.JPG
施設情報
前身 北諸県郡教育会附属図書館
上原文庫
宮崎県立都城図書館
専門分野 総合
事業主体 都城市
管理運営 都城市教育委員会
開館 1902年(明治35年)2月
所在地 885-0073
宮崎県都城市姫城町7街区22号
位置 北緯31度43分9.6秒 東経131度3分45.3秒 / 北緯31.719333度 東経131.062583度 / 31.719333; 131.062583
プロジェクト:GLAM - プロジェクト:図書館
テンプレートを表示

都城市立図書館(みやこのじょうしりつとしょかん)は宮崎県都城市姫城町にある市立図書館。 1ヶ所の図書館と1ヶ所の分館、3ヶ所の分室がある。

概要[編集]

都城市立図書館(本館)[編集]

北諸県郡教育会附属図書館、上原文庫、及びそれらを包括した宮崎県立都城図書館を前身とする。

  • 所在地:〒885-0073 宮崎県都城市姫城町7街区22号
  • 蔵書数:394,958冊 (2010年3月31日時点)
  • 延べ床面積 2,794.5 m2
  • 開館時間:9:30-18:00(複写は17:00まで)
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日も休館)、国民の祝日(こどもの日および文化の日は開館)
    • その他、館内整理日、年末年始の休館日あり。

都城市立高城図書館(分館)[編集]

2009年4月に開設した高城生涯学習センター内に、高城地区公民館図書室から拡充し移転。

  • 所在地:〒885-1202 宮崎県都城市高城町穂満坊105番地 (高城総合支所に隣接)
  • 蔵書数:37,571冊 (2009年7月31日現在)
  • 開館時間:9:30-18:00(複写は17:00まで)
  • 休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日も休館)、国民の祝日(こどもの日および文化の日は開館)
    • その他、館内整理日、年末年始の休館日あり。

山之口地区公民館図書室[編集]

  • 所在地:〒889-1802 宮崎県都城市山之口町花木1934番地1
  • 蔵書数:7,544冊 (2010年3月31日時点)
  • 休館日:祝日、年末年始

山田総合センター図書室[編集]

  • 所在地:〒889-4601 宮崎県都城市山田町山田3881番地
  • 蔵書数 10,363冊 (2010年3月31日時点)
  • 休館日:祝日,年末年始

高崎町たちばな学び館[編集]

  • 所在地:〒889-4505 宮崎県都城市高崎町大牟田1247番地97
  • 蔵書数 9,916冊 (2010年3月31日時点)
  • 休館日:祝日,年末年始,蔵書点検期間
  • 2009年(平成21年)11月より、たちばな学び館を通じ都城図書館・高城図書館の蔵書の貸出を受けられるようになった。

沿革[編集]

  • 1902年(明治35年)2月:私立北諸県郡教育会附属図書館として都城尋常高等小学校 (現明道小学校)内に設置。[1]
  • 1903年(明治36年)3月:北諸県郡役所敷地 (現都城市役所北側駐車場)内に移転。
  • 1914年(大正3年)8月:上原文庫内に北諸県郡教育会附属図書館を移転。
  • 1914年(大正3年)8月:上原勇作の陸軍大臣就任を記念した上原文庫が開館。
  • 1917年(大正6年)7月:上原文庫敷地に新館を建設し、宮崎県立都城図書館が開館。[2](9月2日に閲覧開始)
  • 1948年(昭和23年)4月:都城市に移管し都城市立図書館設置。
  • 1959年(昭和34年)4月:新館建設準備のため蔵原町に移転。
  • 1970年(昭和45年)10月:新館建設工事起工。
  • 1971年(昭和46年)8月:新館建設工事竣工。
  • 1971年(昭和46年)10月1日:鉄筋コンクリート3階建ての新館が開館。
  • 1996年(平成8年)11月:移動図書館「くれよん号」を導入。
  • 2009年(平成21年)5月1日:高城図書館が開館。

アクセス[編集]

  • 都城市立図書館: JR九州西都城駅」より徒歩10分
  • 都城市立高城図書館: 宮崎交通バス 高城・雀ヶ野線「高城上町」「高城中町」より徒歩5分

移動図書館[編集]

  • 「くれよん号」: 1996年運用開始。都城市立図書館を拠点に約3,500冊の本を積んで市内各所を巡回。

利用者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 蔵書は主に教育者向けで、閲覧は有料であった。 (『都城市史』 都城市史編さん委員会編)
  2. ^ 教育会付属図書館の蔵書は県立都城図書館に寄付、上原文庫の蔵書は県立都城図書館に依託した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]