郷州征宜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
郷州 征宜
基本情報
通称 希望の革命戦士
階級 スーパーフェザー級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1986-04-10) 1986年4月10日(32歳)
出身地 神奈川県秦野市
身長 172cm
体重 60kg
プロキックボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 24
KO勝ち 7
敗け 8
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

郷州 征宜(ごうしゅう まさのぶ、1986年4月10日 - )は、日本男性キックボクサー神奈川県秦野市出身。K-1ジム総本部チームペガサス所属。第6代Krush -60kg王者。

来歴[編集]

生まれながらにして難聴の障がいがあり、幼少の頃にいじめを受けた経験もある。運動が得意だったため野球を始めたところ、才能が開花。秦野リトルシニアに所属していた2001年には、日本代表としてリトルリーグ全米選手権に出場した。東海大学付属甲府高等学校在学時には、2004年第86回全国高等学校野球選手権大会に出場してベスト4まで進出、代打として2安打を記録した。

高校卒業後、キックボクシングに出会い、PHOENIX所属として、2011年RISE主催のアマチュア大会KAMINARIMON全日本トーナメント65kg級で優勝し大会MVPに選出される。その実績を引っ提げ、2011年11月23日、RISE 85にて宮崎就斗戦でプロデビュー。判定勝ちを収める。当時はリングネームの郷州 力(ごうしゅう りき)で試合をしていた。

2012年10月25日、開道に勝利しRISING ROOKIES CUPスーパーフェザー級で優勝。

2014年1月25日、RISEスーパーフェザー級タイトルマッチにて、王者小宮山工介に挑戦するも、判定負け。プロデビューから11戦目にして、初黒星を喫する。

2015年7月12日、REBELS -60級タイトルマッチにて、王者町田光に挑戦するが、判定負け。タイトルマッチに2連敗。

2015年7月12日、第4代RISEスーパーフェザー級王座決定トーナメントに抜擢され、準決勝で野辺広大と対戦し、判定負け。またも悲願のベルト獲得はならなかった。

2016年、これまでアマチュア時代から所属していた、PHOENIXよりK-1ジム総本部 チームペガサスへ移籍。キックボクシングを始めるきっかけであったK-1の出場を目指すこととなる。

2016年4月24日、K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~-60kg日本代表決定トーナメント~にて、神戸翔太戦でK-1デビューするも、判定負けを喫する。

2017年4月2日、Krush.75にて、第5代Krush -60kg王座決定トーナメント準決勝で、安保璃紅と対戦するも、判定負け。またも王座獲得はならなかった。

2017年5月28日、Krush.76にて、Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメントの準決勝に出場予定だった島野浩太郎の出場辞退に伴い、代替選手に抜擢され、闘士と対戦し、2Rボディへヒザ蹴りが決まってのKO勝ち。トーナメント決勝戦に進出した。

2017年8月6日、Krush.78にて、Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント決勝戦で大沢文也と対戦。ダウンを奪うなどして圧倒し、判定勝ち。王者安保璃紅への挑戦権を獲得すると同時に、Krush -60kg王座決定戦で敗れた安保へのリベンジのチャンスを得た。

Krush -60kg王座獲得[編集]

2017年10月1日、Krush.81にて、王者安保璃紅とKrush -60kgタイトルマッチで対戦。郷州の夫人が書いた直筆イラスト付きの応援タオルを手にした大勢のファンから声援が送られる中、一進一退の攻防から徐々に攻め込まれ形勢不利になるが、試合終了15秒前に、安保の飛びヒザ蹴りに、左ストレートをカウンターで合わせて逆転のダウンを奪い、判定勝ち。自身3回目の王座挑戦で、悲願のベルトを手にした。 マイクパフォーマンスで、ジムの会長や仲間、勤務先やスポンサー企業、家族への感謝の言葉、そして自らと同じ耳の聞こえない子供達へ「諦めなければ、健常者の中でも一番になれる」という、夢を諦めずに努力する大切さを述べた後に、夫人をリングに呼び込み、「チャンピオンになったらしてほしい」と約束していたお姫様抱っこをして、会場からも温かい拍手が送られた。

2018年3月21日、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~にてK-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメントに出場。一回戦でドイツのデニス・ウォーシックに2-0で判定勝利するが、準決勝で武尊にKO負けを喫した。

2018年9月24日、K-1 WORLD GP 2018 JAPAN〜初代クルーザー級(-90㎏)王座決定トーナメント〜スーパーファイトにおいて3月に対戦予定であったティルーム・ナドロフ(ロシア)との対戦が決定。

人物[編集]

2016年、聴覚障がい者の交流会で知り合った一般女性と結婚。 ハートネットTVの取材において、障がいを言い訳に現実から目を背けてしまった時期があったことを明かし、今でもそのことを後悔して何事にも正面から向き合うことを信条としている。

戦績[編集]

キックボクシング 戦績
32 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
24 7 17 0 0 0
8 2 5
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 島野浩太朗 3R判定0-3 Krush.89
【Krushスーパーフェザー級タイトルマッチ】
2018年6月30日
× 武尊 1R 2:24 KO(右フック) K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~
【K-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント準決勝】
2018年3月21日
デニス・ウォーシック 3R終了 判定3-0 K-1 WORLD GP 2018 JAPAN ~K'FESTA.1~
【K-1 WORLD GP 第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント1回戦】
2018年3月21日
安保璃紅 3R終了 判定3-0 Krush.81
【Krush -60kgタイトルマッチ】
2017年10月1日
大沢文也 3R終了 判定3-0 Krush.78
【Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント決勝戦】
2017年8月6日
闘士 3R 2:08 KO Krush.76
【Krush -60kg次期挑戦者決定トーナメント準決勝】
2017年5月28日
× 安保璃紅 3R終了 判定0-3 Krush.75
【第5代Krush -60kg王座決定トーナメント準決勝】
2017年4月2日
渡辺武 3R終了 判定3-0 Krush.73
【第5代Krush -60kg王座決定トーナメント準々決勝】
2017年2月18日
原田ヨシキ 3R 1:10 KO Krush.71
【第5代Krush -60kg王座決定トーナメント1回戦】
2016年12月18日
髙橋佑太 3R終了 判定2-0 K-1 WORLD GP 2016 IN JAPAN ~スーパー・フェザー級世界最強決定トーナメント~ 2016年9月19日
明戸仁志 3R終了 判定3-0 Krush.67 2016年7月18日
× 神戸翔太 4R終了 判定1-2 K-1 WORLD GP 2016 -60kg日本代表決定トーナメント
【リザーブファイト】
2016年4月24日
一馬 3R終了 判定3-0 RISE 109 2016年1月31日
× 野辺広大 3R終了 判定0-3 RISE 107
【第4代RISEスーパーフェザー級王座決定トーナメント準決勝】
2015年10月12日
× 町田光 5R終了 判定0-3 REBELS.37
【REBELS -60級タイトルマッチ】
2015年7月12日
上杉文博 4R終了 判定2-1 RISE 105 2015年5月31日
小川翔 3R終了 判定3-0 RISE 104 2015年3月21日
× SHIGERU 3R 2:59 KO BLADE 1 - BLADE FIGHTING CHAMPIONSHIP- BLADE FC JAPAN -61kg 2014年12月29日
野上勇介 2R 0:21 KO RISE 101 2014年9月28日
稲石竜弥 3R終了 判定3-0 RISE 100〜 BLADE 0〜 2014年7月12日
スコーピオン謙太 2R 2:47 TKO RISE 99 2014年4月29日
× 小宮山工介 5R終了 判定0-2 RISE 97
【RISEスーパーフェザー級タイトルマッチ】
2014年1月25日
山口侑馬 2R 0:56 KO RISE 96 2013年11月4日
TASUKU 3R終了 判定2-0 RISE 95 2013年9月13日
KING 3R終了 判定3-0 RISE 93 2013年6月9日
佐々木郁矢 3R終了 判定3-0 RISE ZERO 2013年4月14日
石井新一 4R終了 判定3-0 RISE ZERO 2013年2月3日
開道 3R終了 判定3-0 RISE 90 2012年10月25日
元樹 2R 1:24 KO RISE 88 2012年6月2日
武雄 3R終了 判定3-0 RISE ZERO 2012年3月11日
アキト 2R 1:24 KO RISE 86 2012年1月28日
宮崎就斗 3R終了 判定3-0 RISE 85〜RISE HEAVY WEIGHT TOURNAMENT2011〜 2011年11月23日

獲得タイトル[編集]

  • RISING ROOKIES CUP 2012 スーパー・フェザー級優勝
  • 第6代Krush -60kg王座

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
安保璃紅
第6代Krush -60kg王者

2017年10月1日 - 現在

次王者
N/A