郵政民営化担当大臣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
郵政改革担当大臣から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

郵政民営化担当大臣(ゆうせいみんえいかたんとうだいじん)は、日本の国務大臣のうち郵政民営化を担当するものとして内閣総理大臣から職務の辞令を受けた大臣である。鳩山由紀夫内閣から野田第1次改造内閣までは郵政改革担当大臣(ゆうせいかいかくたんとうだいじん)と表記されていた。

名称[編集]

辞令上の正式な職務の名称は「郵政民営化を政府一体となって円滑に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整担当」又は「郵政事業の抜本的な見直し及び改革を推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整担当」及び「新たな郵政民営化法等に基づく郵政事業の改革を政府一体となって円滑に推進するため行政各部の所管する事務の調整担当[1]である。行政官の職名としては「郵政民営化担当大臣」は略称、俗称となるが、郵政民営化法において「郵政民営化担当大臣」の呼称が規定されているため、同法の適用範囲内においては正式な呼称としての意味合いを持つ[要出典]

概要[編集]

郵政民営化法が2005年平成17年)11月10日に部分施行[2]され、同法第10条により、郵政民営化に関する施策で重要なものの企画に関する審議及びその施策の実施を推進するため、内閣に郵政民営化推進本部が置かれ、同法第13条により本部長は内閣総理大臣が、第14条により副本部長は内閣官房長官、郵政民営化担当大臣、内閣府特命担当大臣、総務大臣財務大臣国土交通大臣が充てられる。同本部は内閣直属であって内閣府隷下でないため、郵政民営化担当大臣の発令は内閣府特命担当大臣としてではなく国務大臣の特命事項の職務辞令(内閣の担当大臣)として発令される。

歴代の郵政民営化担当大臣[編集]

氏名 内閣 就任日 退任日 党派 備考
国務大臣(郵政民営化を政府一体となって円滑に推進するため
企画立案及び行政各部の所管する事務の調整担当)
1 Takenaka Heizo 1-1.jpg 竹中平蔵 第2次小泉内閣 改造内閣 2004年9月27日 2005年9月21日 自由民主党
2 第3次小泉内閣 2005年9月21日 2005年10月31日 自由民主党 再任
  改造内閣 2005年10月31日 2006年9月26日 自由民主党 留任
3 Yoshihide Suga-1.jpg 菅義偉 第1次安倍内閣 2006年9月26日 2007年8月27日 自由民主党
4 Hiroya Masuda 200708.jpg 増田寛也   改造内閣 2007年8月27日 2007年9月26日 自由民主党
5 福田康夫内閣 2007年9月26日 2008年8月2日 自由民主党 再任
国務大臣(郵政事業の抜本的な見直し及び改革を推進するため
企画立案及び行政各部の所管する事務の調整担当)
1 Shizuka Kamei cropped Shizuka Kamei.jpg 亀井靜香 鳩山由紀夫内閣 2009年9月16日 2010年6月8日 国民新党
2 菅内閣 2010年6月8日 2010年6月11日 国民新党 再任
3 Replace this image JA.svg 自見庄三郎 2010年6月11日 2011年9月2日 国民新党
  第1次改造内閣 国民新党 留任
  第2次改造内閣 国民新党 留任
4 野田内閣 2011年9月2日 2012年6月4日 国民新党 再任
  第1次改造内閣 国民新党 留任
国務大臣(新たな郵政民営化法等に基づく
郵政事業の改革を政府一体となって円滑に推進するため
行政各部の所管する事務の調整担当)
1 Tadahiro Matsushita.jpg 松下忠洋   第2次改造内閣 2012年6月4日 2012年9月10日 国民新党
- Yoshihiko Noda-3.jpg 野田佳彦   2012年9月10日 2012年10月1日 民主党 事務代理[3]
2 Mikio Shimoji.jpg 下地幹郎   第3次改造内閣 2012年10月1日 2012年12月26日 国民新党
  • 主任の大臣のように継続して常設されるものではないため、通常は代数の表記は行わないが、本表では見やすさを考慮し代数の欄を設けた。主任の大臣同様に、辞令のある再任は代として数え、辞令のない留任は数えない。
  • 郵政民営化法に基づく「郵政民営化担当大臣」の呼称は2005年11月10日からであるが、竹中平蔵に対する「郵政民営化を政府一体となって円滑に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整担当」の辞令そのものは法施行前に発令されている。

脚注[編集]

  1. ^ 「人事異動」『官報』特別号外29号、国立印刷局、2012年10月1日、1面
  2. ^ 郵政民営化法の一部の施行期日を定める政令(平成17年11月9日政令第338号)
  3. ^ 金融庁 (2012年9月11日). “安住財務大臣・内閣府特命担当大臣事務代理閣議後記者会見の概要” (日本語). 2017年8月28日閲覧。

関連項目[編集]