遠藤美奈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

遠藤 美奈(えんどう みな、1965年 - )は、日本の法学者[1]早稲田大学教育・総合科学学術院教授。専門は憲法学

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1999年 摂南大学法学部専任講師
  • 2004年 摂南大学法学部助教授
  • 2005年 西南学院大学法学部助教授
  • 2007年 西南学院大学法学部准教授
  • 2009年 西南学院大学法学部教授[1]
  • 2013年 早稲田大学教育・総合学術院教授[2]

所属学会[編集]

著作[編集]

共著[編集]

  • 『憲法〔新版〕』(青林書院、2005年)
  • 『ポプラディア情報館 日本国憲法』(ポプラ社、2005年)
  • 『プリメール憲法』(法律文化社、2004年)
  • 『トピックからはじめる統治制度』(有斐閣、2015年)

論文[編集]

  • 「憲法に25条がおかれたことの意味-生存権に関する今日的考察」(季刊社会保障研究41巻4号、2006年)
  • 「『健康で文化的な最低限度の生活』の複眼的理解―自律と関係性の観点から」(齋藤純一編『講座福祉国家のゆくえ第5巻 社会的連帯の理由』ミネルヴァ書房、2004年)
  • 「『健康で文化的な最低限度の生活』再考―困窮者のシティズンシップをめぐって」(飯島昇藏・川岸令和編『憲法と政治思想の対話―デモクラシーの広がりと深まりのために』新評論、2002年)
  • 「フィンランドにおける公的扶助―生計援助の原理と制度」(海外社会保障研究137号、2001年)
  • 「生活保護と自由の制約―憲法学からの検討」(摂南法学23号、2000年)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 遠藤 美奈 - 研究者 - researchmap”. researchmap.jp. 2019年6月1日閲覧。
  2. ^ 早稲田大学 研究者データベース”. researchers.waseda.jp. 2019年6月1日閲覧。

外部リンク[編集]