達美仮乗降場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
達美仮乗降場
たつみ
Tatsumi
活汲 (3.1km)
(1.6km) 津別
所在地 北海道網走郡津別町字達美
所属事業者 日本国有鉄道(国鉄)
所属路線 相生線
キロ程 15.0*km
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1956年昭和31年)5月1日
廃止年月日 1985年(昭和60年)4月1日
備考 相生線廃線に伴い廃駅
*キロ程は、実キロ
テンプレートを表示
1977年の達美仮乗降場と周囲約500m範囲。左下が北見相生方面。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

達美仮乗降場(たつみかりじょうこうじょう)は、北海道網走支庁網走郡津別町達美にあった日本国有鉄道(国鉄)相生線仮乗降場廃駅)である。相生線の廃線に伴い1985年(昭和60年)4月1日に廃駅となった。

駅構造[編集]

駅名の由来[編集]

地区名より。アイヌ語の「タㇷ゚コㇷ゚(たんこぶ山)」に由来するとされ、当初は達媚(たっこび)と字を当てたものがさらに変化したものである[1]

駅周辺[編集]

歴史[編集]

駅跡[編集]

草むらになっている。

隣の駅[編集]

日本国有鉄道
相生線
活汲駅 - 達美仮乗降場 - 津別駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 本多 貢 (1995-01-25). 児玉 芳明. ed (日本語). 北海道地名漢字解. 札幌市: 北海道新聞社. p. 57. ISBN 4893637606. OCLC 40491505. https://www.worldcat.org/oclc/40491505 2019年1月6日閲覧。. 

関連項目[編集]