逃げる女 (1999年のテレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
逃げる女
ジャンル 2時間ドラマ
企画 長富忠裕
脚本 坂田義和
監督 猪崎宣昭
出演者 手塚理美
製作
製作総指揮 重松修(CP)
プロデューサー 佐光千尋日テレ)、淵沢行則(テレビ岩手)、安倍夏彦(ユニオン映画)
放送分 111分
制作 テレビ岩手ユニオン映画
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1999年1月5日
放送時間 火曜21:03 - 22:54
放送枠 火曜サスペンス劇場
回数 1

逃げる女』(にげるおんな)は、日本テレビ系列の『火曜サスペンス劇場』枠で放映された2時間ドラマ1999年1月5日放送。

亡き娘の敵への復讐殺人に走る女と、追う刑事との、岩手県を舞台とした追跡劇である。

あらすじ[編集]

画家の中川が刺殺され、築地東署が捜査に動く。被疑者として、中川が講師をしていた絵画教室の生徒・貴島亜希子が浮かび指名手配がかかった。亜希子の周辺捜査から意外な事実が浮かんだ。3年前、亜希子と一人娘・優美が、通りがかりに現金輸送車襲撃の現場に遭遇し、2人組の犯人が発砲した流れ弾で、優美が被弾し死亡していた。使用された拳銃は、事件の直前に、警ら中の巡査の志賀が襲撃されて奪われたものだった。

亜希子が岩手に潜伏していたことが分かり、工藤刑事は盛岡市に向かう。しかし、潜伏先のホテルからは逃亡済みであり、部屋の遺留物には地元の新聞があった。東京で事件を起こして逃亡中なら全国紙を読むはず。なぜ亜希子は土地勘の無い岩手に逃げてきたのか。疑問を抱いた工藤は東京に戻って現金輸送車襲撃事件との接点を調べる。結果、襲撃事件当時、中川が岩手出身の佐々木という男と付き合いがあったことが分かり、工藤は、中川と佐々木が現金輸送車襲撃犯人であり、中川の殺害は亜希子による復讐ではないかとにらんだ。

そして、襲撃犯が残した毛髪のDNA鑑定から工藤の推理が証明され、本格的に岩手県内に包囲網が敷かれた。亜希子は次のターゲットの佐々木を仕留め、宮古市に移動していた。奪われた拳銃で足を撃たれて退職した志賀が、妻の実家のある田老町で漁師をしていた。その志賀も、実は現金輸送車襲撃事件に一枚噛んでいた。 亜希子は最後のターゲットである志賀のもとへ向かう。そして、復讐劇の阻止のために工藤も動く。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

日本テレビ系列 火曜サスペンス劇場
前番組 番組名 次番組
救急指定病院
(1998年12月29日)
逃げる女
(1999年1月5日)