追想五断章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
追想五断章
著者 米澤穂信
発行日 2009年8月30日
発行元 集英社
ジャンル ミステリー
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六版上製
ページ数 242
コード ISBN 978-4-08-771304-6
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

追想五断章』(ついそうごだんしょう)は、米澤穂信による日本推理小説。『小説すばる』(集英社)2008年6月号から12月号に掲載され、2009年8月30日に刊行された。

第63回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門候補作[1]。「このミステリーがすごい!」2010年および「本格ミステリ・ベスト10」2010年版で第4位、「週刊文春ミステリーベスト10」2009年で第5位、「ミステリが読みたい!」2010年版で第3位にランクインした。

ストーリー[編集]

ある日、古書店アルバイトの大学生・菅生芳光は、店に来た女性・北里可南子に、彼女の父が生前に書いたという結末の伏せられた5つのリドル・ストーリーを探してほしいと依頼される。報酬に惹かれて依頼を請け負った芳光は、調査を続けるうちに22年前に起こった未解決事件「アントワープの銃声」の存在を知る。

登場人物[編集]

菅生芳光(すごう よしみつ)
大学生。学費が続かなくなったため休学し、武蔵野市で伯父の営む古書店「菅生書店」に住み込みでアルバイトをしている。
北里可南子(きたざと かなこ)
父が生前に書いた小説を探すために長野県松本市から出てきた。
久瀬笙子(くぜ しょうこ)
大学生。就職活動と卒業論文とサークル活動の合間に「菅生書店」のアルバイトに来ている。
菅生広一郎(すごう こういちろう)
芳光の伯父。「菅生書店」の店主。
菅生花枝(すごう はなえ)
芳光の母。夫を亡くした後、一人掛川市の家に住んでいる。
北里参吾(きたざと さんご)
可南子の父。未解決事件の被疑者となった後、五つの短編小説を執筆する。昨年、癌で死去。
北里斗満子(きたざと とまこ)
可南子の母。可南子が幼い頃にベルギーアントワープで謎の死を遂げた。
市橋尚造(いちはし しょうぞう)
駒込大学教授。芳光に「アントワープの銃声」のことを教える。
宮内正一(みやうち しょういち)
参吾の大学時代の友人。『朝霞句会』の主宰者。
弦巻彰男(つるまき あきお)
雑誌『深層』の記者。斗満子の死の謎を記事にし、「アントワープの銃声」と名付ける。

脚注[編集]

  1. ^ このときの受賞作は飴村行『粘膜蜥蜴』である(2010年 第63回 日本推理作家協会賞 日本推理作家協会公式サイト参照)。