追分駅 (浜松市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
追分駅
おいわけ
Oiwake
小豆餅 (0.8 km)
(1.2 km) 曳馬野
所在地 静岡県浜松市萩町(現・中区葵東二丁目)
北緯34度45分38.6秒 東経137度43分22.0秒 / 北緯34.760722度 東経137.722778度 / 34.760722; 137.722778座標: 北緯34度45分38.6秒 東経137度43分22.0秒 / 北緯34.760722度 東経137.722778度 / 34.760722; 137.722778
所属事業者 遠州鉄道
所属路線 奥山線
キロ程 7.0 km(遠鉄浜松起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1914年(大正3年)11月30日
廃止年月日 1964年(昭和39年)11月1日
備考 奥山線廃線に伴い廃駅
テンプレートを表示

追分駅(おいわけえき)は、静岡県浜松市萩町(開業時は旧・浜名郡曳馬町一本杉、現・浜松市中区葵東二丁目)にあった遠州鉄道奥山線廃駅)である。奥山線の廃線に伴い1964年(昭和39年)11月1日に廃駅となった。

歴史[編集]

駅構造[編集]

廃止時点で、単式ホーム1面1線を有する地上駅であった[3]

列車交換設備を有さない無人駅となっていた[4]

駅周辺[編集]

駅跡[編集]

1997年(平成9年)時点では、銭取駅跡附近から都田口駅跡附近まで、当駅跡附近を含む線路跡は拡幅され、自動車も通れる大きな市道[5]に転用され、痕跡は無くなっていた[6]。2007年(平成19年)8月時点[7]、2010年(平成22年)時点でも同様であった[8]

隣の駅[編集]

遠州鉄道
奥山線
小豆餅駅 - 追分駅 - 曳馬野駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く3 北陸・信州・東海編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)216ページより。
  2. ^ a b c 書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 7 東海』(監修:今尾恵介新潮社2008年11月発行)35ページより。
  3. ^ a b c d e f g 書籍『新 消えた轍 6 中部』(著:寺田裕一、ネコ・パブリッシング2011年5月発行)71ページより。
  4. ^ 書籍『私鉄の廃線跡を歩くII 関東・信州・東海編』(著:寺田裕一、JTBパブリッシング、2008年1月発行)44-47ページより。
  5. ^ a b 書籍『今は昔 しずおか懐かし鉄道』(編:静岡新聞社静新新書2006年6月発行)85ページより。
  6. ^ 書籍『鉄道廃線跡を歩くIII』(JTBパブリッシング1997年5月発行)92ページより。
  7. ^ 書籍『新 消えた轍 6 中部』(著:寺田裕一、ネコ・パブリッシング2011年5月発行)76ページより。
  8. ^ 書籍『新 鉄道廃線跡を歩く3 北陸・信州・東海編』(JTBパブリッシング2010年4月発行)128ページより。

関連項目[編集]