辻清明 (陶芸家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が一つです。

辻 清明(つじ せいめい、本名:つじ きよはる1927年1月4日 - 2008年4月15日)は日本陶芸家東京都名誉都民・清吉、・とみ。四人兄弟の末っ子。陶芸家の辻輝子日本犬研究家斎藤弘吉義兄辻協の辻文夫、の辻厚成、大甥の辻厚志はすべて陶芸家。

骨董・古美術を愛好した父と、その父を頻繁に訪れる古美術商の影響で幼少の頃から焼物に惹かれ、学校へはほとんど行かずに陶芸を学んだ。父にせがんで初めて買ってもらったのが、雄鶏をいただき透かし彫りのある野々村仁清作「色絵雄鶏香炉」だった(戦火で焼失)。

多摩市に窯を築き、信楽の土を使った焼締を中心に作陶。「明る寂び」と呼ばれる美意識の表現を目指した。

来歴[編集]

編著書[編集]

  • 『趣味のやきもの作り』(編) 徳間書店〈リビングライブラリー〉、1963年
  • 『ぐいのみ』 保育社〈カラーブックス〉、1976年
  • 『辻清明器蒐集』 文化出版局、1982年
  • 『肴と器と』(辻協共著、郡栄司写真) 講談社、1985年
  • 『焱に生きる 辻清明自伝』 日本経済新聞社、1996年
  • 『辻清明折々の古器 我が奔放コレクション人生』 世界文化社、1999年
  • 『陶芸家・辻清明の眼 作品とコレクション 愛知県陶磁資料館コレクション』 愛知県陶磁資料館、2010年
  • 『独歩 辻清明の宇宙』(藤森武写真) 清流出版、2010年

参考文献[編集]

  • 『日本美術年鑑』平成21年版、中央公論美術出版、2011年、430-431頁。

外部リンク[編集]