辻イト子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻イト子(つじ いとこ、1947年12月3日 - 2021年5月24日)は、日本の女優漫才師、講師である。本業はみかん農家の主婦。

来歴[編集]

大阪府岸和田市阿間河滝町出身。1971年に伯母を通して知り合った辻マガルと結婚し、2女を儲ける。長女は軽度の知的発達障害があり、中学校から養護学校に編入学したという。また、芸能活動を始める前には実父母の介護もしていた。

1994年4月よりタレント養成事務所に所属し、CMやテレビ等に出演。特にCMは2年間の在籍期間中に30数本出演するというめざましい活躍を見せた。1996年4月にタレント養成事務所を卒業して独立、個人事務所「みかん山プロダクション」を開業した。

1998年10月、夫との夫婦漫才コンビ「辻イト子・まがる」を結成し、吉本興業に所属。1999年6月には、みかん山プロダクションを有限会社として法人化し、取締役に就任。

現在は月間10本以上、「みかん農家のおばちゃんが、畑違いの芸能界」などのテーマで全国を回っての「講演+夫婦漫才」を行なっている。

2015年梶浦梶子と「大阪のおばちゃん&オネエ」というコンビ名でM-1グランプリに挑戦。

2020年10月に癌が見つかり、闘病生活を送っていたが、2021年5月24日膵臓がんのため、大阪府内の病院で死去[1][2]。73歳没。

レギュラー番組[編集]

ドラマ[編集]

CM(代表作)[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

脚注[編集]

  1. ^ "女優・辻イト子さん、すい臓がんのため死去". スポーツ報知. 報知新聞社. 26 May 2021. 2021年5月26日閲覧
  2. ^ 主婦タレント辻イト子さん73歳で死去「ユニクロ」などCM30本以上出演”. 日刊スポーツ (2021年5月26日). 2021年5月26日閲覧。

外部リンク[編集]