足立荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

足立 荘(あだち そう、明治3年(1870年) - 昭和22年(1947年))は日本実業家。教育者足立正の弟。

経歴[編集]

鳥取県上道村(現在の境港市上道町)に足立国五郎の次男として生まれる。父・国五郎は村の助役収入役、村会議員等を歴任した人物。

鳥取中学(現在の鳥取県立鳥取西高等学校)を経て明治25年(1892年慶應義塾大学文学科を卒業し時事新報社に入社。主として翻訳小説を同紙上に掲載する。後政治部に転じ、専ら外交政治方面に活動し伊藤博文陸奥宗光等の知遇を得た。日清戦争後政治部長に栄進、明治34年(1901年)編集長となる。

明治43年(1910年)退社して実業界に入り、自ら主唱して財界各方面の有力者を糾合、日本徴兵保険株式会社(現在の大和生命保険)を創立し、経営に当たった。

家族 親族[編集]

  • 妻 いち(東京府、柳下重和長女)
  • 長男 三郎
  • 養子 茂(千葉県、稲葉徳次郎弟)
  • 長女 きみ子(愛知県、横江芳男に嫁す)
  • 三女 たき(東京府、柳下長太の養子)
  • 四女 八重(養子茂の妻)
  • 五女 すえ(大阪府、馬場家に嫁す)

参考文献[編集]

  • 『境港市史』
  • 『実業家人名辞典』 立体社 1990年 ア37頁

その他[編集]

外部リンク[編集]