足立正 (教育者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

足立 正(あだち せい、慶応元年(1865年) - 昭和22年(1947年))は日本教育者、郷土史家、政治家きよしこの夜の訳詞者由木康の実父。実業家足立荘の実兄。

坪井正五郎喜田貞吉沼田頼輔など一流の学者と親交を持ち、西伯耆を中心とする考古学、歴史学の研究と資料収集にその生涯を捧げた。元境町町長。

略年譜[編集]

参考文献[編集]

  • 鳥取県教育委員会編集 『鳥取県郷土が誇る人物誌』 第一法規出版株式会社 1990年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]