足利周こう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「足利周暠」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。

足利 周暠(あしかが しゅうこう、周高・周嵩とも、生年不詳 - 永禄8年5月19日1565年6月17日))は、戦国時代僧侶足利将軍家の一族で、室町幕府12代将軍足利義晴の末子。13代将軍・足利義輝、15代将軍・足利義昭の弟である。

生涯[編集]

幼い頃から仏門に入り、相国寺塔頭鹿苑院の院主になった。永禄8年(1565年)5月19日、三好義継三好三人衆松永久通によって将軍・義輝が殺害され(永禄の変)、周暠も松永らの命令を受けた平田和泉守に誘い出され、小姓とともに京都へ行く途中で殺害された。なお、小姓は周暠が殺害された直後に平田を殺害した。

奥野高広の『足利義昭』は周暠を17歳であったとしているが、義晴の死後に出生したことになり、年代が合わない。『系図纂要』においては存在自体が省かれている。 平島公方史料集所収の系図によると、18歳とある。

子孫[編集]

徳島県那賀川町町史編纂室が発見した系図は、平島公方足利義種(周暠の従兄弟・義助の子)の妻・祐賀(平島義次の生母)を、周暠の孫と記している。同系図は平島公方の子孫に伝わった中世・近世文書群である『阿波足利家文書』の一つで、祐賀に光義秀景・朝能の三人の兄があることも記されている。光義は文禄・慶長の役で戦死したとされる。

一方、徳島県立文書館所蔵の『板東村近藤家文書』の記述から、阿波出身で江戸時代初期の近畿で刑死した最後のカトリック司祭ディオゴ結城(結城了雪)は、祐賀の兄と推定されていたが、発見された系図の朝能は「結城喜太郎」と注釈されており、同一人物である可能性が高い。また、秀景は、「近藤家文書」に現れる祐賀の近親者「兵庫」とみられる。

参考文献[編集]