鹿苑院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鹿苑院(ろくおんいん)は、かつて臨済宗相国寺派大本山相国寺京都府京都市上京区)にあった塔頭。また、室町幕府第3代将軍足利義満院号でもある。

歴史[編集]

足利義満は、永徳2年(1382年)に自らが開基となって相国寺の建立を開始した。鹿苑院はその翌年に義満自身の道場として、そこにあった安聖寺を撤去して創建された。

応永5年(1398年)、義満は相国寺の住持であった絶海中津を退任させて、代わりにその塔頭である鹿苑院の院主に任命した。ついで、そのまま絶海中津を僧録に任じた。僧録とは五山を含む全臨済宗寺院の寺務を統括する役職であるが、これ以来僧録は鹿苑院院主が兼務することとなり、鹿苑僧録と呼ばれ権勢を振るうこととなる。 しかし、江戸時代になると幕府により僧録職を廃止され、その後金地院崇伝が任命された。以降金地院院主が担う事になる。

鹿苑院は明治時代に入ると、廃仏毀釈によって荒廃し、廃絶した。その際の混乱で、院内にあったとされる義満のも失われてしまった。跡地は同志社大学今出川キャンパスの敷地の一部となっている。

寮舎[編集]

軒主は足利家の当主で、足利家の休憩所的な建物であったとされる。長官を蔭涼職といい鹿苑院の実務をとりしきった。

参考文献[編集]