赤蓑騒動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

赤蓑騒動(あかみのそうどう)とは、文政8年(1825年[1])に信濃国松本藩で発生した世直し一揆である。一揆勢がシナノキの皮の赤蓑を着ていたことに由来する。また発生地から四ヶ庄騒動とも呼称される。一連の騒動は大町に滞在していた諏訪藩士の六角鬼洞により『赤蓑談』としてまとめられた。

経緯[編集]

文政8年12月14日[2]、信濃国安曇郡大町組に属する四ヶ庄地方(白馬村神城)から発生し、12月17日朝にかけて、千国街道(糸魚川街道)沿道の村々の大半を巻き込んで、大町宿大町市)、池田宿池田町)、穂高宿成相新田宿安曇野市)の宿場の特権的問屋や、各組の大庄屋や在郷商人など約87軒を約3万人の農民が打ちこわしした事件である。成相新田宿で松本藩兵に鎮圧され、城下への侵入は阻止された。

この年は凶作であったが、四ヶ庄地方には米穀商がなく、農民たちは貯蔵米のある上層農民に借用・売却を申し入れたが拒絶され、宿場町の米穀商は米の買占めと売り惜しみに走り、米不足にも関わらず酒屋が酒造を始めたことが、一揆の発端となった。

脚注[編集]

  1. ^ 文政8年はほぼ西暦1825年に相当するが、事件発生日は新暦(グレゴリオ暦)に換算すると1826年に入る。
  2. ^ 西暦(グレゴリオ暦)1826年1月21日

参考文献[編集]

  • 『長野県の歴史』(塚田正朋著 1974年 山川出版社
  • 『長野県百科事典』(1974年 信濃毎日新聞社
  • 『長野県史 通史編 第6巻 近世3』(1989年)