赤井時家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
赤井時家
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 明応3年(1494年
死没 天正9年5月8日1581年6月9日
別名 五郎、芦田兵衛大夫
戒名 少休
墓所 知恩寺慶運院
官位 越前守
主君 細川高国細川晴元
氏族 丹波赤井氏
父母 父:赤井忠家
兄弟 時家長家長正君家
家清直正幸家山口直之、熊千代、時直

赤井 時家(あかい ときいえ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将丹波赤井氏の頭領として、氷上郡を中心に丹波国で勢力を誇った国人である。

生涯[編集]

丹波は明徳の乱以降は管領細川氏の領国であり、波多野氏や赤井氏は、船岡山合戦に勝利し政権を握った管領細川高国や丹波守護代内藤氏の傘下にあった。

しかし、大永7年(1527年)には細川高国に弟・香西元盛を誅殺された波多野稙通柳本賢治兄弟が反乱を起こすと、赤井五郎(忠家又は時家)は波多野氏に加勢し、柳本賢治が篭る神尾山城を包囲していた細川尹賢を急襲しこれを敗走させた(桂川原の戦い)。 時家の父・忠家は享保2年、57歳で死去とされるが、享禄2年(1529年)の間違いと考えられる。

その後、享禄3年(1530年)に柳本賢治が死去し、一方の細川高国も大物崩れにより敗死すると[1]阿波国細川晴元が管領となり丹波の国人もこれに従った。しかし波多野晴通(稙通の子)は高国の弟・細川晴国を奉じて挙兵し、内藤氏、赤井氏を破った。この戦いで黒井城は落城、時家は子の家清とともに三木別所氏の元に落ち延びたという[2]

天文5年(1536年)細川晴国が摂津国天王寺で自害すると、赤井氏は旧領を回復し、時家は丹波国に帰還した。時家は烏帽子山に陣を敷き内藤氏と戦ったという[2]。しかし、今度は細川高国の養子・細川氏綱(尹賢の子)が挙兵し、天文21年(1552年)には三好長慶に奉じられて管領となった。京を追われた細川晴元は波多野晴通を頼り丹波に入ると赤井時家も細川晴元を支援し、三好長慶と対峙する事となった。

天文22年(1553年内藤国貞三好氏と組んで波多野氏の八上城を攻めたが、後援に現れた三好政勝香西元成に逆に自身の居城である八木城を落とされ国貞が戦死してしまう。しかし、三好家の重臣であり国貞の娘婿であった松永長頼が内藤家に入ってこれを建て直し、波多野氏を降して、丹波のほぼ全土を支配した。

弘治元年(1555年)、氷上郡の国人も二つに分かれ、細川晴元方の赤井一族と、細川氏綱方の芦田・足立一族が丹波国氷上郡香良で合戦を行った。この戦いで、時家の子家清直正が重傷を負ったものの、芦田・足立氏も多くの一族を失い、赤井氏は氷上郡をほぼ完全に支配下においた。 弘治3年(1557年)2月に赤井家清が先の負傷が元で死去した[3]。その後は、赤井直正が赤井忠家(家清の子)を補佐し[2]、永禄8年(1565年)には松永長頼から名を改めた内藤宗勝を和久郷の合戦で討ち取っている[4]

しかし、赤井直正の死後の天正7年(1579年)、織田家の重臣明智光秀に黒井城を落とされ赤井氏は没落した。 時家は、天正9年(1581年)5月8日、88歳で死去したとされる[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『細川両家記』
  2. ^ a b c d 寛政重修諸家譜』巻第二百四十四
  3. ^ 寛永諸家系図伝
  4. ^ 多聞院日記

関連項目[編集]

外部リンク[編集]