貝がらの街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
貝がらの街
ジャンル テレビドラマ
脚本 西沢裕子
演出 篠木為八男
出演者 大空眞弓三浦友和木之内みどり若山富三郎有島一郎大出俊 ほか
オープニング 南佳孝『潮風通りの噂』
製作
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1978年2月18日〜1978年4月22日
放送時間土曜日21:00〜21:54
放送枠土曜ドラマ (日本テレビ)
放送分54分
回数10
テンプレートを表示

貝がらの街(かいがらのまち)は、1978年2月18日から同年4月22日まで、日本テレビ系列の『土曜グランド劇場』の枠で放送されたテレビドラマ。全10話。

概要・内容[編集]

舞台は古い漁師町である千葉県浦安厚焼き卵惣菜の店「佐川」を営む佐川一家は既に両親の亡い5人きょうだいで、長女でしっかり者の綾と、水産大学を中退した弟の泰明が店を切り盛りし、そして「佐川」は「魚徳」の主人・脇田徳三に陰ながら支援されていた。綾と泰明は、「ノリ正」の主人で地主の松木正吉から「土地を二千万円で買うか、それが出来なければ立ち退いてくれ」と言われており、その金の工面に頭を悩ませていた。そんな中、佐川一家は無利子・無担保で二千万円を貸すという人物が現れたことを聞いた。その人物こそ、10年前までの綾の恋人だった的場敬一だという…。そんな佐川きょうだいと周りの人々との交流、ふれあいなどを描いていった。

オープニングで映っていた魚市場、カモの泳ぐ浅瀬、夕陽に映える街並みなどは全て現地・浦安のロケで収録したものだった[1]

最終回の撮影地は、被災地宮城の牡鹿半島の鮎川浜である。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 脚本:西沢裕子
  • 演出:篠木為八男
  • 制作:日本テレビ

主題歌[編集]

南佳孝『潮風通りの噂』(作詞:山川啓介、作曲・編曲:大野雄二 CBSソニー

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 参考・読売新聞朝日新聞毎日新聞北海道新聞京都新聞 各縮刷版(1978年2月~4月)、テレビドラマデータベース
日本テレビ 土曜グランド劇場
前番組 番組名 次番組
貝がらの街