だし巻き卵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
だし巻き卵

だし巻き玉子出汁巻玉子、だしまきたまご)は、溶き出汁を混ぜて焼き固める料理である。単にだし巻きとも呼ばれる。

概要[編集]

玉子焼きの一種であるが、だしをたっぷりと含むものについて特にこの名称が使用される。一般的には関西風の味付けで柔らかく焼き上げられたものがイメージされることが多い。

近畿地方では、だし巻き玉子をメインのおかずにした「だし巻き玉子定食」が食堂のメニューとして採用されていることもある。

作り方[編集]

卵焼き器(左:西型・右:東型)[1]

鶏卵を割ってよく溶き、だし汁を加えて、を引いた調理器具を使って少しずつ巻き上げながら焼く。きめ細かく仕上げるために溶いた卵をなどで濾したり、生地に水溶きした浮き粉片栗粉を混ぜることもある。焼く際には「玉子焼き鍋」「玉子焼き器」と呼ばれる銅製の四角いが使用されるが、だし巻き玉子には関東式の正方形の鍋よりも、縦に長い関西式の鍋のほうが適している。 鍋の奥から手前に巻く巻き方(大阪巻き)が一般的ではあるが、京都など一部の地域では手前から奥に向かって巻いていく(京巻き)。焼き上がり後には巻き簾で形を整え冷まして完成となる。熟練した料理人の作る出汁を多く含むだし巻き卵は、極めて柔らかく、持ち上げると出汁が滴り落ちる。

専門店で製造販売されるほか、真空パックの大量生産品がスーパーマーケットなどでも取り扱われており、業務用の商品も流通している。

脚注[編集]

関連項目[編集]