貉龍君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
貉龍君が祭らつられた寺院

貉龍君(らくりゅうくん、ラク・ロン・クァン、ベトナム語: Lạc Long Quânラク ロン クァン / 貉龍君?)、または「雒龍君」・「駱龍君」、は、ベトナムの伝説的な帝王。は崇纜(スン・ラム、Sùng Lãm)。

涇陽王と洞庭君の娘の神龍とのあいだに生まれた。赤鬼国王の位を嗣いだ。帝来の娘の嫗姫を妻とし、百人の男の子を生んだ。この男の子たちが百越の祖先となったとされる。ある日、貉龍君は「わたしは龍種で、おまえは仙種だ。われわれは水火のように相容れない。同居を続けるのは難しいだろう」と嫗姫に言った。そこで50人の男の子が母親について山中に入り、残りの50人の男の子は貉龍君とともに南に残った。長子が王位を嗣いで、雄王と号し、文郎国を建国した。文郎国はベトナム最初の王朝とされている。