谷端長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
谷端長
生誕 1919年8月31日
死没 (2001-01-21) 2001年1月21日(81歳没)
研究分野 会計学経済哲学
影響を
受けた人物
山下勝治
影響を
与えた人物
土方久
実績 シュマーレンバッハを初めとするディナミッシュ・ビランツの会計構造の発展についての研究
テンプレートを表示

谷端 長(たにはた ひさし、1919年8月31日 - 2001年1月21日 )は、日本会計学者神戸大学名誉教授。経営学博士

来歴・業績[編集]

和歌山県古座町出身。1941年彦根高等商業学校(現滋賀大学経済学部)卒業。彦根高商時代は文芸部に所属し、経済哲学に感心を持つ。1943年東京商科大学(現一橋大学)卒業。松下電器産業徴兵、古座造船所等を経て、1951年神戸大学経営学部助手となる。1959年、著書『動的会計論の構造』(森山書店)にて日本会計研究学会賞・太田賞を受賞。1964年神戸大学経営学部教授。翌1965年、『動的会計論』(森山書店)を出版。この年より甲南大学香川大学でも教鞭を執る。1984年に神戸大学を退官後は、大阪商業大学の教授に着任。2001年1月21日没。

年譜[編集]

  • 1919年 - 和歌山県古座町にて出生
  • 1938年 - 和歌山県立串本商業学校卒業
  • 1941年 - 彦根高等商業学校卒業
  • 1943年 - 東京商科大学卒業
  • 1943年 - 松下電器産業入社
  • 1944年 - 臨時召集により応召
  • 1943年 - 古座造船所入社
  • 1951年 - 神戸大学経営学部助手
  • 1953年 - 神戸大学経営学部講師
  • 1955年 - 神戸大学経営学部助教授
  • 1959年 - 日本会計研究学会賞・太田賞受賞
  • 1964年 - 神戸大学経営学部教授
  • 1968年 - 学術審議会専門委員
  • 1976年 - 日本会計研究学会理事
  • 1984年 - 神戸大学名誉教授

関連項目[編集]

外部リンク[編集]