讃岐神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
讃岐神社
Sanuki Jinja Haiden.jpg
拝殿
所在地 奈良県北葛城郡広陵町三吉328
位置 北緯34度33分16秒
東経135度44分21秒
座標: 北緯34度33分16秒 東経135度44分21秒
主祭神 大国魂命
若宇加能売命
大物主命
社格 式内社(小)・村社
本殿の様式 三間社流造桧皮葺
別名 広瀬大明神、南川合明神
例祭 10月15日
テンプレートを表示

讃岐神社(さぬきじんじゃ)は、奈良県北葛城郡広陵町にある神社である。式内社で、旧社格村社

祭神[編集]

現在は、大国魂命・若宇加能売命・大物主命を祀るとしている。

日本三代実録元慶7年(883年)12月2日条には「散吉大建命・散吉伊能城神に神階従五位下を授ける」という記述があり、当社の神のこととみられる。

歴史[編集]

鎮座地名の「三吉」は「みつよし」と読むが、かつては「散吉」と書いて「さぬき」と読んでいた。一帯は讃岐国斎部氏が移り住んだ地で、讃岐の故郷の神を勧請し創建したものとみられる。延喜式神名帳では「大和国広瀬郡 讃岐神社」と記載され、小社に列格している。

広瀬川合(現 廣瀬大社)の若宇加乃売命を勧請したことにより、江戸時代までは「広瀬大明神」「南川合明神」と称していた。慶長19年(1611年)正月に火災があり、現在の本殿はそのときに再建されたものである。

竹取物語との関連[編集]

竹取物語に登場する「竹取の翁」が名を「讃岐造(さぬきのみやつこ)」ということから、これが大和国広瀬郡散吉郷のことであるとして、「竹取物語ゆかりの神社」を称している。