誓い (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
誓い
Gallipoli
監督 ピーター・ウィアー
脚本 デビッド・ウィリアムソン
原案 ピーター・ウィアー
製作 ロバート・スティグウッド
パトリシア・ラヴェル
製作総指揮 フランシス・オブライエン
出演者 メル・ギブソン
マーク・リー
音楽 ブライアン・メイ
撮影 ラッセル・ボイド
製作会社 Associated R&R Films
配給 オーストラリアの旗ヴィレッジロードショー
アメリカ合衆国の旗パラマウントピクチャーズ
日本の旗CIC
公開 オーストラリアの旗1981年8月13日
アメリカ合衆国の旗1981年8月28日
日本の旗1982年3月20日
上映時間 111分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
製作費 A$3,000,000[1]
興行収入 A$11,700,000[1]オーストラリアの旗
$5,732,587[2]アメリカ合衆国の旗
テンプレートを表示

誓い』(ちかい、原題:Gallipoli)は1981年オーストラリアの映画ガリポリの戦いに参戦する二人の青年を描いた戦争ドラマ。ピーター・ウィアーが監督を行い、『マッドマックス』で一躍有名になったメル・ギブソンが主演を務めた。

同年のオーストラリア・アカデミー賞で、作品賞・監督賞・主演・助演男優賞など多数の賞を獲得した[1]

製作[編集]

監督は、1975年公開の『ピクニックatハンギング・ロック』で、美しい映像表現が注目されたピーター・ウィアーが行った。 同作で撮影監督を務めたラッセル・ボイドが、本作でもウィアーとタッグを組み、オーストラリア撮影監督協会賞を受賞している[1]

主演には、1979年公開の『マッドマックス』で一躍注目を集めた、当時25歳のメル・ギブソンが抜擢された[1]。『マッドマックス』はハリウッドで注目されたものの、ギブソンは1987年の『リーサル・ウェポン』シリーズに出演するまでは、主にオーストラリアの俳優として活動していた。

作品構成は前半・後半で大きく要素が異なり、前半はオーストラリアの雄大な風景を舞台に、ギブソン演じる主人公と仲間の青年たちが、軍隊に志願するか否かを悩む青春ドラマが描かれ、後半はイメージしていた憧れの戦場とは全くかけ離れた、凄惨で無慈悲な戦争の現実を描いた作品となっている[1]

ストーリー[編集]

1915年第一次世界大戦下のオーストラリア。 徒競走が得意な二人の青年フランクとアーチーは、志願兵で構成されるイギリスへの援軍アンザック軍団に入隊する。 フランクは歩兵隊、アーチーは騎兵隊に配属されるが、二人はトルコガリポリで再開し共に塹壕で戦うことになる。 足が速いフランクは伝令係に任命される。 総攻撃が始まる最中、重要な情報の伝令任務を下されたフランクは、味方を救うため激戦地帯を走り抜ける。

キャスト[編集]

評価[編集]

興行成績[編集]

制作費およそ300万ドルに対し、オーストラリアでは1,100万ドル以上の収益を上げ、アメリカでも500万ドル以上の収益を得た[1]。本作はオーストラリア国内で非常に好評で、2008年にムービーマーシャルが行った集計では、歴代12位にランクインした[1]。また2009年のオーストラリアの興行収入報告書によれば、本作の興行収入を2009年のオーストラリアドルに換算したところ、A$38,037,600ドルとなり、これは換算後の試算でオーストラリアの歴代興行収入5位に入るとしている[1]

なお、米国では1981年の興業収益ランキングで77位に留まっており[3]、同年1位の『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』は2億1000万ドル以上を稼いでいる。[注 1]

受賞とノミネート[編集]

オーストラリアをはじめ、多くの賞を受賞、ノミネートされた。主な受賞歴を記す[1]

受賞 - 主演男優賞(メル・ギブソン)、助演男優賞(ビル・ハンター)、作品賞、監督賞、脚本賞、撮影賞、編集賞、音響賞
ノミネート - 主演男優賞(マーク・リー)、助演男優賞(ビル・カー)、美術賞、衣装デザイン賞
  • オーストラリア撮影監督協会賞(ACS Award
受賞 - 撮影監督オブザイヤー(ラッセル・ボイド
  • オーストラリア作家組合産業イベント賞(AWGIE Award
受賞 - 長編映画部門オリジナル脚本賞(デビッド・ウィリアムソン)
ノミネート - 最優秀海外作品賞
NBR賞 - ベスト10に選出
ノミネート - 金獅子賞(ピーター・ウィアー

脚注[編集]

注釈
  1. ^ 1980年前後、ハリウッド映画は『スターウォーズ』『E.T.』『エイリアン』『ターミネーター』などのSFアクション映画時代を迎えていた。1960年代から70年代頃のアクション映画の王道であった、第一次第二次世界大戦を題材とした典型的な"戦争映画"は、これらのSF映画に興行面で押されている[3]
出典
  1. ^ a b c d e f g h i j Gallipoli - OZmovies(2017年2月28日閲覧)
  2. ^ Gallipoli - Box Office Mojo(2017年2月6日閲覧)
  3. ^ a b 1981 DOMESTIC GROSSES- Box Office Mojo(2017年2月6日閲覧)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]