ピクニックatハンギング・ロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピクニックatハンギング・ロック
Picnic at Hanging Rock
監督 ピーター・ウィアー
脚本 クリフ・グリーン
原作 ジョーン・リンジー
製作 ハル・マッケルロイ
ジム・マッケルロイ
A・ジョン・グレイヴス
製作総指揮 パトリシア・ラヴェル
出演者 レイチェル・ロバーツ
アン・ランバート
ドミニク・ガード
音楽 ブルース・スミートン
撮影 ラッセル・ボイド
編集 マックス・レモン
製作会社 ピクニック・プロダクションズ
配給 日本の旗 松竹富士クラシック / 松竹
公開 オーストラリアの旗 1975年8月8日アデレード
日本の旗 1986年4月26日
上映時間 116分
製作国 オーストラリアの旗 オーストラリア
言語 英語
フランス語
製作費 A$440,000[1]
興行収入 A$5,120,000[2]
テンプレートを表示

ピクニックatハンギング・ロック』(原題: Picnic at Hanging Rock)は、1975年に製作されたオーストラリアの映画1900年オーストラリアで実際に起こった事件を基にしたとされるジョーン・リンジーの同名小説の映画化作品[3]ピーター・ウィアー監督。

概要[編集]

原作出版当時、事件関係者が、それも当事者がまだ存命であったこと、更には事件当時も、関係者に英国の王侯貴族や政財界の人間が複数いた為、捜査打ち切り後のメディアと地元への緘口令と共に、捜索に当たった消防署や警察署が、本国からの引き取り手なく多数の手がかりが残されていたはずの閉鎖された学院の建物までもが、数年内に火事で全焼するという関係者にとっては事件記録全焼という好都合かつ不可解な出来事もあり、フィクションと断じられがちだが、岩山は現存しているため、原作者の遺言等(40名以上の関係者へのインタビューを実施しており、インタビューに応じるかわりに、相手側からかなりの制限を言い渡されているという内容)からも全て同じではなくとも、近しい事件が実在するという話が、昨今の舞台化時に製作陣からは何度となく語られている。[独自研究?]

尚、学院長の自殺記事だけは当時の提携校がロンドンの名門女子校だったこともあり、テレグラフ紙に2つだけ残されている。奇妙なことに、1つ目は1900年の7/5掲載記事で、学院長は、5/3に死亡したとされ、結びに「学院関係者の失踪事件により閉鎖に追い込まれた事が原因での自殺ではないかと地元警察は語っている」と出たが、翌7/6の記事では「お詫び:昨日のオーストラリアの名門寄宿舎学院院長の記事は尚早かつ不確かだったことをここにお詫びします。学院長は数年前から神経症に悩み薬を多用していたため、誤って転落した事故でありました。前日の記事は間違いです」と謝罪訂正文になっているのだ。

前日の記事を受けての何らかの働きかけがあったのではないかと、事件当時からこの失踪事件に興味があり、捜索依頼がホームズ名宛に殺到していたというコナン・ドイルは編集者数名に話している。[独自研究?]

真相を知らされていたというピーター•ウィアーも言及は避けているが、原作者が暗示しつつ隠そうとして迷走した最終章の公開時には、真実を知ればそれもやむなしと思えると語っていた。[独自研究?]

ストーリー[編集]

キャスト[編集]

評価[編集]

興行成績[編集]

オーストラリアビクトリア州の興行収入報告書によると、本作は512万ドルの収入を得た[2]。これは2009年のオーストラリアドルに換算すると、およそ3,000万ドルに相当し、監督のピーター・ウィアーはThe Australian Women's Weeklyにて、同年のオーストラリア国内において『ジョーズ』『タワーリング・インフェルノ』に次ぎ3番目に収益を上げたと語っている[2]

批評家の反応[編集]

本策は批評家から好評を得ている。 映画批評サイトのRotten Tomatoesは、35件のレビューに基づき94%の評価を示し、また評価の平均点を10点中8.5点としている。 また批評家の総意を「視覚的に魅力的な本作はムードがあり、不安定で、謎めいているが、オーストラリア映画の傑作であり、ピーター・ウィアー監督の初期の大成功だった」としている[4]

批評家のロジャー・エバートは、4つ星満点中、最高点の4つ星を付けている[3]。 また「ラッセル・ボイドの撮影は、ヘビやトカゲ、鳥や花など、ロック(岩山)の中の魅力的な映像を垣間見せる」と評した。また、本作がピーター・ウィアーの成功作であるとし、後の作品『トゥルーマン・ショー』なども取り上げた上で、「家にいれば大丈夫だ、という身の安全は、他の土地に彷徨うと消滅するかもしれない」という想像力がウィアーの底にあるだろうとしている[3]

受賞とノミネート[編集]

主な受賞歴を記す[2][注 1]

ノミネート - 作品賞、監督賞、脚本賞、撮影功績賞、主演女優賞(ヘレン・モース)、助演男優賞(トニー・リュウェリン=ジョーンズ)、助演女優賞(アン=ルイーズ・ランバート)
受賞 - 撮影監督賞(ラッセル・ボイド
ノミネート - 衣装賞(ジュディス・ドルスマン)、サウンドトラック賞(グレッグ・ベル、ドン・コノリー)
ノミネート - 撮影監督賞(ラッセル・ボイド)
  • オーストラリア作家組合賞(AWG Award
受賞 - 長編映画部門(クリフ・グリーン)
受賞 - ゴールデンカリュブディス賞(ピーター・ウィアー

注釈[編集]

  1. ^ IMDbではサターン賞受賞の記述があるが、OZ moviesは公式サイトに記載が無いことを指摘している[2]
  2. ^ イタリアタオルミーナにて、毎年6月に開催される国際映画祭[5]

脚注[編集]

  1. ^ Picnic at Hanging Rock (1975) - Box office / business” (英語). IMDb. 2012年5月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e Picnic at Hanging Rock - OZ movies(2017年3月1日閲覧)
  3. ^ a b c Picnic at Hanging Rock Movie Review & Film Summary(1975) - ロジャー・エバート(2017年3月1日閲覧)
  4. ^ PICNIC AT HANGING ROCK (1975) - Rotten Tomatoes(2017年3月1日閲覧)
  5. ^ Taormina Film FestTaormina Film Fest公式サイト(2017年3月1日閲覧)

外部リンク[編集]