解夫婁王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
解夫婁王
東扶余
初代国王
王朝 東扶余
在位期間 不詳[注釈 1]
都城 迦葉原
生年 不詳
没年 不詳
解夫婁王
各種表記
ハングル 해부루왕
漢字 解夫婁王
発音 ヘプルワン
日本語読み: かいふるおう
テンプレートを表示

解夫婁王(かいふるおう、: 해부루왕(ヘプルワン)、生没年不詳)は、東扶余の初代の王(在位年:不詳)。息子に第2代国王である金蛙王がいる。

解説[編集]

『三國史記』13巻 高句麗本紀第1 東明聖王[1][2]によると、解夫婁王は老いて子が無く嗣子を求めていた。ある日鯤淵(こんえん、地名)の池で、王の乗っていた馬が岩を見て立ち止まり涙を流した。王は不思議に思い、その岩を動かしてみると金色の蛙の姿をした子供がいた。王は天が私に嗣子を与えてくれたと思い、名を金蛙と名付け太子とした。その後、宰相の阿蘭弗が「天の神が私に降臨して、『吾が子孫がいずれ国を作るだろう。この地から離れなさい。東海に迦葉原(かしょうげん[注釈 2])という地がある。そこは五穀が良く実る。ここに都を遷すと良いだろう。』と言いました。」と解夫婁王に進言し、王は都を迦葉原の地に遷都し国名を東扶余とした。このようにして扶余の都から元の王である解夫婁王がいなくなった後、天帝の子を自称する解慕漱(かいぼそう、へモス)[注釈 3]がどこからか現れて、都を開いて扶余王となった。解夫婁がなくなった後、金蛙は扶余王となった[注釈 4]、という。

これは夫餘系の建国神話に多い「国譲り神話」の類型であり、解慕漱も解夫婁ももとは太陽を神格化した太陽神であり、歴史事実や歴史上の実在の人物とは考えられていない。

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 近代の偽書類では「紀元前86年 - 紀元前48年」とする説がみられる。
  2. ^ 「かはばる」という読み方はない。
  3. ^ 檀君神話にみえる桓雄と古い発音は同じで、両者は同じ神格である。
  4. ^ 平凡社東洋文庫の『三国史記』は解夫婁を誤って解慕漱とし、金蛙が解慕漱の後を継いだように誤読してしまうが、これは単なる誤植である。

出典[編集]

  1. ^ Wikisource reference 三國史記. 三國史記/卷13. - ウィキソース. 
  2. ^ 三國史記 卷第十三 高句麗本紀第一 始祖東明聖王. http://www001.upp.so-net.ne.jp/dassai/sangokushiki/koukuri/130101gen.htm 2011年1月10日閲覧。. 
先代:
-
東扶余王
初代: 不詳
次代:
金蛙王