西高辻家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
西高辻家
家紋
うめばち
梅鉢
本姓 菅原氏高辻家傍流
家祖 西高辻信厳
種別 社家
華族男爵
出身地 筑前国筑紫郡
主な根拠地 福岡県太宰府市
凡例 / Category:日本の氏族

西高辻家(にしたかつじけ)は、太宰府天満宮社家。太宰府安楽寺天満宮別当家。

菅原氏嫡流堂上家である高辻家から分かれ、1868年明治元年)に少納言高辻以長の四男・西高辻信厳弘化3年9月20日(1846年11月8日) - 1899年明治32年)1月29日)が立家した。

初代の信厳は筑前太宰府の延寿王院で出家し、1868年還俗して、西高辻家を立てた。1882年明治15年)に華族に列せられ、1884年(明治17年)に男爵に叙された。太宰府神社(太宰府天満宮)の宮司を務めた。以後、西高辻家が太宰府天満宮の社家として宮司職を世襲している。

4代当主の西高辻信良1983年昭和58年)に太宰府天満宮宮司に就任。2019年(平成31年)4月には信良の息子の西高辻信宏が第40代宮司に就任した。