西閉伊郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 東北地方 > 岩手県 > 西閉伊郡
岩手県西閉伊郡の範囲

西閉伊郡(にしへいぐん)は、岩手県にあった

郡域[編集]

明治12年(1879年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね現在の遠野市にあたる。

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]

横田村、白岩村、小平村、光興寺村、畑中村、羽根通村、土淵村、五日市村、飯豊村、本宿村、片岸村、柏崎村、山口村、須崎村、久手村、高室村、宮沢村、新里村、釜石村、みさ崎村[1]、駒木村、松崎村、細越村、佐比内村、青笹村、平倉村、平野原村、中沢村、糠前村、栃内村、板沢村、来内村、上綾織村、下綾織村、小友村、上鱒沢村、下鱒沢村、上宮守村、安居台村、東禅寺村、上附馬牛村、下附馬牛村、達曽部村、下宮守村
  • 明治元年12月7日1869年1月19日
    • 陸奥国が分割され、本郡は陸中国の所属となる。
    • 盛岡藩が戊辰戦争後の処分により、領地を没収される。後の西閉伊郡10村(新里村、釜石村、みさ崎村[1]、上綾織村、下綾織村、上鱒沢村、下鱒沢村、上宮守村、達曽部村、下宮守村)が信濃松本藩取締地となり、花巻県を称する[2]。後の西閉伊郡34村が信濃松代藩取締地となり、盛岡県(第1次)を称する[2]
  • 明治2年
  • 明治4年11月2日1871年12月13日) - 第1次府県統合により盛岡県(第3次)の管轄となる。
  • 明治5年1月8日1872年2月16日) - 盛岡県(第3次)が岩手県に改称。
  • 明治6年 - 小平村・羽通村が白岩村に、畑中村が白岩村・光興寺村に、五日市村・本宿村が土淵村に、片岸村・須崎村・久手村が柏崎村に、高室村が山口村に、宮沢村が飯豊村にそれぞれ合併。(34村)
  • 明治11年(1878年)11月26日 - 郡区町村編制法の岩手県での施行により、行政区画としての閉伊郡が発足。

郡発足以降の沿革[編集]

  • 明治12年(1879年)1月4日 - 閉伊郡が分割し、横田村ほか34村の区域をもって西閉伊郡が発足。郡役所が横田村に設置。
1.遠野町 2.綾織村 3.小友村 4.鱒沢村 5.宮守村 6.達曽部村 7.松崎村 8.附馬牛村 9.土淵村 10.青笹村 11.上郷村(桃:遠野市 21 - 26は南閉伊郡)
  • 明治22年(1889年4月1日 - 町村制の施行により、以下の町村が発足。全域が現・遠野市。(1町10村)
    • 遠野町(横田村が単独町制)
    • 綾織村 ← 上綾織村、下綾織村、釜石村、新里村、みさ崎村[1]
    • 小友村(単独村制)
    • 鱒沢村 ← 上鱒沢村、下鱒沢村
    • 宮守村 ← 上宮守村、下宮守村
    • 達曽部村(単独村制)
    • 松崎村 ← 松崎村、駒木村、白岩村、光興寺村
    • 附馬牛村 ← 上附馬牛村、下附馬牛村、東禅寺村、安居台村
    • 土淵村 ← 土淵村、柏崎村、山口村、栃内村、飯豊村
    • 青笹村 ← 青笹村、糠前村、中沢村
    • 上郷村 ← 板沢村、来内村、細越村、佐比内村、平倉村、平野原村
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制の施行により、西閉伊郡と南閉伊郡の区域をもって上閉伊郡が発足。同日西閉伊郡廃止。

変遷表[編集]

行政[編集]

  • 歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治12年(1879年)1月4日
明治30年(1897年)4月1日 南閉伊郡との合併により西閉伊郡廃止

脚注[編集]

  1. ^ a b c 「みさ」は身+鳥。
  2. ^ a b 明治元年12月23日(1869年2月4日)の「諸藩取締奥羽各県当分御規則」(法令全書通番明治元年太政官布告第1129)に従って設置された県だが、明治政府が権知県事を任命したわけではなく、そのため明治政府の公文書には全く記録が残っておらず、正式な県とは認められていない。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

先代:
閉伊郡
行政区の変遷
1879年 - 1897年
次代:
上閉伊郡