西田中バスターミナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
西田中駅から転送)
Jump to navigation Jump to search

西田中バスターミナル(にしたなか-)は、福井県丹生郡越前町朝日1丁目にある福井鉄道バスターミナルである。

本項では、前身にあたる福井鉄道鯖浦線廃線)の西田中駅(にしたなかえき)についても記述する。

概要[編集]

国道417号の越前町役場東交差点から南に折れ約100mに位置する。越前町役場からは南東約200m。同町朝日地区を通る公共交通機関のほとんどが乗り入れる同町最大の交通拠点である。

福井鉄道及び京福バス路線バス、越前町のコミュニティバスフレンドリー号」が乗り入れているが、のりばは1箇所に集約され、同じ場所に3本の停留所標識が立っている。バス転回地及び駐車スペース、約2.5m四方の待合所、便所及び駐輪場がある。出札設備はない。

歴史[編集]

  • 2006年(平成18年)
    • 6月2日 - 越前町コミュニティバス運行開始に伴い乗り入れ開始。
    • 10月1日 - 京福バス乗り入れ開始。

バス路線[編集]

福井鉄道[編集]

2006年に他2事業者が乗り入れを開始し、バスターミナルとしての機能が大きく向上したが、従来からある同社の停留所名は「バスターミナル」の付かない「西田中」のまま変更していない。

越前町内(織田・越前地区)方面

  • 鯖浦線 新樫津(宮崎地区)経由 織田・梅浦方面 かれい崎ゆき - 土休日・年末年始は全便織田止(梅浦・かれい崎方面へは織田で乗換)。
  • 福浦線 丹生高校前経由 織田・梅浦方面 かれい崎ゆき

鯖江市方面

福井市街方面

京福バス[編集]

同社路線は越前町役場前を経由しないため、本ターミナルが役場最寄停留所となる。また同社の「西田中」停留所は本ターミナルから約800m離れた場所に別途あり、注意が必要。

福井市街方面

福井市殿下・越廼地区方面

  • 72 清水グリーンライン線 天王行き
  • 76 西田中・宿堂線 八ッ俣行き - 終点まで行くのは夕方1本のみ。他は約1km先の天王止、または越前町域を出てすぐの宿堂止。

越前町コミュニティバス「フレンドリー号」[編集]

以下3路線は土曜・日曜・祝日・年末年始運休

  • 環状ルート(右回り) - 宮崎コミュニティセンター・織田コミュニティセンター・泰澄の杜方面循環
  • 環状ルート(左回り) - 泰澄の杜・織田コミュニティセンター・宮崎コミュニティセンター方面循環
  • 朝日地区巡回ルート - 泰澄の杜・小倉方面

以下1路線は月曜・水曜・木曜運転

  • 朝日地区乗り合いルート(ワゴン車) - 幸若苑ゆき、泰澄の杜方面 天谷ゆき

ターミナル周辺[編集]

越前町朝日市街地の南端付近。北側には商店や公共施設、住宅が密集している。

西田中駅[編集]

西田中駅
にしたなか
NISHI-TANAKA
川去 (1.9km)
(2.4km) 佐々生
所在地 福井県丹生郡朝日町(現・越前町
所属事業者 福井鉄道
所属路線 鯖浦線
キロ程 7.5km(鯖江起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1926年(大正15年)10月1日
廃止年月日 1973年(昭和48年)9月29日
テンプレートを表示

西田中駅(にしたなかえき)は、かつて福井県丹生郡朝日町にあった福井鉄道鯖浦線の廃駅)である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線の地上駅。木造駅舎を有していた。

歴史[編集]

  • 1926年(大正15年)10月1日 - 鯖浦電気鉄道の駅として開業。
  • 1945年(昭和20年)8月1日 - 鯖浦電気鉄道と福武電気鉄道が合併、福井鉄道鯖浦線の駅となる。
  • 1972年(昭和47年)10月12日 - 当駅 - 織田間廃止
  • 1973年(昭和48年)9月29日 - 鯖浦線の全線廃止に伴い廃駅となる。

隣の駅[編集]

福井鉄道
鯖浦線(廃止)
川去駅 - 西田中駅 - 佐々生駅

参考文献[編集]

外部リンク[編集]