西山登志雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

西山 登志雄(にしやま としお、1929年8月3日 - 2006年10月9日)は、東武動物公園埼玉県南埼玉郡宮代町)の元園長、元名誉園長。「カバ園長」の愛称で親しまれた。

人物[編集]

1929年8月3日、東京都生まれ。終戦間もない1946年上野動物園に入園。カバの飼育係として働き、カバの口を大きく開けさせる特技などで上野動物園の来場者(主に子供)から"カバのおじさん"と呼ばれた。また、昭和40年代に東京12チャンネルで放送された『動物の国』の三代目動物おじさんとしても知られる。飼育係は約20年務めた。週刊少年ジャンプに連載された漫画ぼくの動物園日記」(作・飯森広一)や、フジテレビの単発スペシャルアニメ「カバ園長の動物園日記」のモデルにもなった。

1981年、東武動物公園の初代園長に就任。2000年に園長職を退き名誉園長に就任したが、2005年3月体調不良を理由に名誉園長を退任。以後自宅で療養が続いていた。

2006年10月9日、肺炎のため埼玉県春日部市病院で死去。享年77。

エピソード[編集]

  • 夜のヒットスタジオ司会で有名な芳村真理とは実家が隣同士で幼馴染だった。芳村の話によると西山は幼いころから動物が好きだったという。
  • 上野動物園に就職以前の友人に「50cm位のネズミがいる」と聞かされ、半信半疑ながら捕獲してみたらヌートリアであった。これは毛皮を取るために南米から移入し、野生化したものだった。西山が捕獲したヌートリアは、日本に帰化が確認された最初の発見であり、西山の名前が発見者として記載されている書籍もある。
  • 東武動物公園のふれあいコーナーは、西山の考案で開園時にふれあいのテーマのもとに設置されたもので、後にほかの動物園に影響を与えた。
  • 夫人とはお見合い結婚したが結婚前に条件として西山は1つだけ出したという。それは動物が好きであるという事だった。夫人は動物=犬・猫という考えしかなかったため了解したが、新婚当初から自宅バクカンガルーチンパンジーウサギなどの動物と一緒に住む羽目になり、夫人はチンパンジーのおむつ交換したり、長男が誕生した時期にいた子犬には母犬の乳首の数の関係で吸えない子犬のために自分の母乳を与えたり、西山に協力をしていた。
  • カバ園長の名で知られた西山だが、実はカバは見た目のイメージとは違い、神経質で気性が荒い動物。生前のテレビ出演等で西山がカバにタッチしたり、カバのなどに引っかかったを取り除いたりなどをしている映像が残っているが、それはカバが西山の事を信頼していたため出来ることである。

その他[編集]

  • かつて「カバ園長」の似顔絵が入ったソフトドリンクを東武ストアなどで販売されていたことがあった[1]
  • 西山の死後、長崎バイオパーク職員(2017年現在副園長)の伊藤雅男が「(2代目)カバ園長」と称されている[2][3]

著書[編集]

論文[編集]

脚注[編集]