西山由之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
にしやま よしゆき
西山 由之
Yoshiyukinishiyama.jpg
生誕 (1942-01-01) 1942年1月1日(76歳)
群馬県勢多郡赤城村(現渋川市
職業 株式会社ナック名誉会長

西山 由之(にしやま よしゆき、1942年1月1日 - )は日本の実業家株式会社ナックの創業者で名誉会長、日本経済団体連合会(経団連)理事[1]西山美術館館長[2]

人物[編集]

1942年群馬県勢多郡赤城村(現渋川市)に生まれる。18歳で単身上京、22歳のとき社員食堂請負業を起業する。事業は順調だったが、ダスキン創業者鈴木清一に傾倒、ダスキンの販売ディーラーに転身する。

29歳のとき、東京都町田市に株式会社ナックを設立、ダスキン代理業に加え、ボトルドウォーター製造販売、建築コンサルティング等、多角経営に乗り出す。1995年ジャスダック上場、1997年東証二部に市場変更、1999年東証一部昇格を果たし、2002年経団連入会、2004年経団連理事となる。2010年紺綬褒章受勲。[3]

美術コレクターとしてユトリロの絵画・ロダンの彫刻に造詣が深く、64歳の時に学芸員の資格を取得した。所有するユトリロの絵画は白の時代の作品など76点、ロダンの彫刻は考える人など52点。自身が館長を務める西山美術館に展示されている。また、銘石コレクターとしても有名で、2013年6月、自身が所有するローズクォーツの球が世界最大としてギネス世界記録に認定された[4]

経歴[編集]

  • 1942年 群馬県勢多郡赤城村に生まれる。
  • 1971年 株式会社ナックを設立。
  • 1999年 株式会社ナック東証一部上場。
  • 2002年 日本経済団体連合会に入会。
  • 2004年 日本経済団体連合会理事となる。
  • 2010年 紺綬褒章を授与される。

著書[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]