襄王 (魏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
襄王
王朝
在位期間 前319年 - 前296年
姓・諱 魏嗣
諡号 襄王
没年 紀元前296年
恵王

襄王(じょうおう、生年不詳 - 紀元前296年)は、中国戦国時代君主。名は嗣。恵王の子。紀元前319年、恵王が死去すると、後を嗣いで魏王となった。

紀元前318年の軍とともにを攻撃したが、函谷関で敗れて撤退した。

紀元前317年、斉軍に観津を攻め破られた。紀元前314年、秦の樗里疾に曲沃を奪われ、魏の公孫衍は岸門に敗走した。紀元前313年、秦の求めに応じて公子遫を魏の太子に立てた。襄王は秦の恵文王と臨晋で会合した。紀元前312年、斉を攻撃した。秦とともに燕を攻撃した。

紀元前311年、魏の将軍の翟章が衛を攻撃した。衛を擁護した成陵君を免官した。

紀元前310年、襄王は秦の武王と臨晋で会合した。秦の張儀や魏章が魏に帰順してきた。張儀を宰相としたが、翌年に死去した。

紀元前308年、襄王は秦の武王と応で会合した。紀元前307年、秦の公孫爰が侵入し、皮氏を包囲した。将軍の翟章が救援の軍を発して、皮氏の包囲を破った。紀元前305年、秦が武王の后を魏に帰国させた。紀元前303年、秦の攻撃により蒲阪・陽晋・封陵を失陥した。紀元前302年、襄王は秦の武王と臨晋で会合した。秦が蒲阪の地を返還してきた。紀元前301年、秦とともに楚を攻撃した。紀元前298年、斉や韓とともに秦軍を函谷関で撃破した。

紀元前296年、秦が河外の地と封陵を返還してきたため、講和した。この年のうちに襄王は死去した。在位23年。

参考文献[編集]

先代:
恵王
の君主
紀元前319年 - 紀元前296年
次代:
昭王