家族 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

家族』(かぞく)は、小杉健治による日本推理小説

双葉社の『小説推理』にて2008年9月号から2009年1月号まで連載された。

裁判員制度を題材としており、同年5月にテレビドラマ化された。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

テレビドラマ[編集]

2009年5月18日TBS月曜ゴールデン」にて「裁判員制度ドラマ 家族〜あなたに死刑が宣告出来ますか?〜」というタイトルで、“法廷サスペンスSP”の第2弾として放映された。因みに、第4弾も同作者による法廷小説「二重裁判」である。

放映時、裁判員制度開始直前の時期であったことから、裁判員制度の概要が物語中に取り込まれていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]