出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
和漢三才図会』による衾の画

(ふすま)は平安時代などに用いられた古典的な寝具の一種。長方形の一枚の布地で現在の掛け布団のように就寝時に体にかけて用いるため、後世の掛け布団も衾と呼ぶことがある。

関連項目[編集]