行快 (仏師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

行快(ぎょうかい、生没年未詳)は、鎌倉時代前期に活躍した慶派仏師快慶の高弟で、事実上の後継者である。

経歴[編集]

快慶の法眼期の作品である地蔵菩薩立像(藤田美術館蔵)の足枘に、快慶の名と並んで「開眼」「行快」の墨書銘があるが、これは本像の玉眼制作を担当したのが行快であることを意味すると考えられる。像の印象を大きく左右する玉眼の制作を任され、銘記中に制作者として快慶との併記を許されたのは、既にこの頃行快が快慶工房の有力仏師だったことを示していると言えよう。建保4年(1216年)に、青蓮院熾盛光曼荼羅諸尊の造立の賞を快慶から譲られ、法橋位を得る。建保7年(1219年)快慶が行った大和長谷寺十一面観音像再興に関する記録でも、「大仏師快慶」と「左(すけ)法橋 行快」と快慶を補佐する立場だと記され、行快はその光背を製作したという。嘉禄3年(1227年)には、極楽寺(城陽市)の阿弥陀如来立像を造立、同年法眼に昇進した。

墨書銘がある作品は以下の9点で、無記名だが行快作だと思われる作品が数点ある。作品を見ると、快慶の形式・作風を継承しながら、複雑さと強さを加味している。しかし、行快から後の仏師の活動は、他の兄弟弟子も含めても判明せず、快慶の仏師系統はこの後消滅したとみられる。

作品[編集]

  • 「地蔵菩薩立像」 藤田美術館蔵 「巧匠/法眼快慶」「開眼/行快」
  • 十大弟子像」のうち「優波離大報恩寺 「法眼/快慶/□□/行快/法橋」 「阿那律」「富楼那」が仏師のクセが出やすい耳の造形が近く、特に「阿那律」は同寺にある釈迦如来坐像と横顔における耳の配置なども酷似し、行快作の可能性が高い[1]
  • 「阿弥陀三尊像」のうち「観音菩薩像」 滋賀・西教寺 「巧匠/法橋行快」
  • 「阿弥陀如来立像」 極楽寺(城陽市) 「法橋行快」
  • 「釈迦如来坐像」 大報恩寺 「巧匠/法眼行快」
  • 不動明王坐像」 金剛寺京都国立博物館寄託)「造立大仏師法眼行快 小仏子字肥後公 字丹後公」、「天福二年」の墨書銘が見つかり、天福2年(1234年)行快の作であることが判明した。本像と対となる降三世明王坐像(奈良国立博物館寄託)も、銘記は確認されていないが、行快作である可能性が高い。
  • 「阿弥陀如来立像」 阿弥陀寺(長浜市) 「巧匠/法眼行快」
  • 「千手観音像」(第490号) 蓮華王院 「法眼行快」
  • 「阿弥陀如来立像」 北十萬(大阪) 「巧匠/法眼□□」

行快作の可能性が高い像[編集]

  • 「阿弥陀如来立像」 浄信寺(滋賀県) 「□□法橋行□」[2]
  • 「阿弥陀如来立像」 遍照寺(三重県) 1230年代頃か[1]
  • 「阿弥陀如来立像」(三尊のうち) 峰定寺 1230年代頃か[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 寺島(2015)p.394。
  2. ^ 大津市歴史博物館編集・発行 『然上人没後八〇〇年記念・親鸞聖人没後七五〇年記念企画展 阿弥陀さま―極楽浄土への誓い―』 2012年。

参考文献[編集]

関連項目[編集]