玉眼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

玉眼(ぎょくがん)は、仏像をより本物らしくみせるために水晶の板をはめ込む技法。制作年代の判明する最古例は仁平元年(1151年)作の奈良長岳寺阿弥陀三尊像である。鎌倉時代に一般化し、後の多くの仏像に用いられている。

概要[編集]

寄木造の彫像は、頭部も内刳りが行われて空洞になっている。そこで目の部分に穴を開け、内側からレンズ状に目よりやや大き目の薄く磨いた水晶を当てて、木屎で止める。裏から水晶に直接、や目尻・、あるいは毛細血管を描き、真綿またはをあてて白眼を表す。最後にこれを木片で押さえて、木屎漆や竹釘で留めて完成する。玉眼制作の前提条件として像内が空洞になっている必要があり、内刳や寄木造といった日本の木造仏像彫刻の発展が、玉眼という技法を生み出すきっかけになったといえる。鎌倉初期の造像銘には像全体を制作した仏師と別に、玉眼制作者の銘が記された例がある[1]。これは、玉眼が像の印象を大きく左右する重要な要素で、水晶の加工に高い技術が必要なことから、玉眼制作を専門とした仏師がいた証左といえる。

瞳に水晶を嵌める技法は古代エジプトにもあり、ギリシャ彫刻などでもエマイユを使っている例や、中国では宝玉やガラス珠、練物を入れた作品がある。日本でも奈良時代塑像には黒目を黒石で表したものが存在し(東大寺戒壇院の四天王像など)、新薬師寺十二神将像では緑色と褐色の吹きガラスが使われている。このように瞳に異材を嵌入するのは、奈良時代までは憤怒形像に限られが、鑑真来日以後の平安時代に入ると、檀像系の仏・菩薩像にも使われるようになった[2]。しかし、玉眼のように目全体を実際の目のように表す技法は、他のどの国にも見出させず日本独自の技法である。また、「滝見観音菩薩遊戯坐像」(神奈川県清雲寺蔵、重文、南宋、13世紀の作)などでは、緑色のガラス玉を内側から嵌入しており、日本の玉眼技法との関連性が指摘されている。

珍しい作例として、瞳の部分だけ水晶を嵌めたもの[3]、更に稀だがにも水晶を嵌めた「玉唇」とも言うべき技法を用いた仏像もある[4]

脚注[編集]

  1. ^ 快慶作の不動明王像(醍醐寺三宝院)や、同じく快慶作の大日如来像(東京藝術大学)。
  2. ^ 十一面観音像(奈良・法華寺)の銅鋲や、菩薩半跏像(京都・願徳寺)の黒色の珠など。
  3. ^ 康慶作の不空羂索観音像(興福寺南円堂)や、13世紀中頃制作の大覚禅師像(建長寺)など。
  4. ^ 「菩薩立像」(東京国立博物館蔵、重要文化財。e国宝に画像と解説あり)や、口を軽く開いて3・4本の歯を覗かせる歯吹(はふき)阿弥陀像に同じ技法を用いた作例があり(京都仏性寺像)、玉唇技法が生身信仰との関わりで用いられたことが窺える。

参考文献[編集]

関連項目[編集]