根立研介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

根立 研介(ねだち けんすけ、1956年5月 - )は、日本の美術史学者。京都大学大学院文学研究科教授。専門は日本彫刻史。新潟県出身。

略歴[編集]

  • 1980年 京都大学文学部卒業
  • 1981年 京都府教育庁指導部文化財保護課技師
  • 1986年 文化庁文化財保護部美術工芸課技師
  • 1992年 文化庁文化財保護部美術工芸課文化財調査官
  • 1998年 京都大学大学院文学研究科助教授
  • 2005年 京都大学大学院文学研究科教授
  • 2007年 「日本中世の仏師と社会 運慶慶派・七条仏師を中心に」で京大文学博士

受賞歴[編集]

1996年 鹿島美術財団賞

著書[編集]

単著[編集]

共著[編集]

  • 『芸術の理論と歴史』思文閣出版、1990年
  • 日本美術史』昭和堂、1998年
  • 『運慶の挑戦』文英堂、1999年
  • 『カラー版 日本仏像史』美術出版社、2001年
  • 『日本彫刻史基礎資料集成 鎌倉時代 造像銘記篇』(全8巻)、中央公論美術出版、2003年~
  • 鳥取県の仏像調査報告書』鳥取県立博物館、2004年
  • 『もっと知りたい東寺の仏たち』東京美術〈アート・ビギナーズ・コレクション〉、2011年

編著[編集]

  • 『吉祥・弁才天像』至文堂〈日本の美術〉、1992年
  • 愛染明王像』至文堂〈日本の美術〉、1997年
  • 『彫刻の保存と修理』至文堂〈日本の美術〉、2003年
  • 『室町時代の彫刻 中世彫刻から近世彫刻へ』至文堂〈日本の美術〉、2007年