藤村延魚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

藤村 延魚(ふじむら えんぎょ、1938年2月11日 - )は日本のホテルマン、国際観光ジャーナリスト。元チョイスホテルズインターナショナル副社長。現在は東京都杉並区在住。

来歴・人物[編集]

長野県上田市小泉出身。長野県上田高等学校卒(54期)・1962年金沢大学法文学部哲学科卒業。大学時代は馬術部に所属していた。

59歳まで約40年間ホテルマンとして米国マレーシア等世界各国のホテルで活躍し、国際ホテルマンとして名が知られるようになる。ヒルトンホテルフォーシーズンズホテルを経てチョイスホテルズインターナショナルでは副社長兼日本支社長を務めた。また、ホテルマンとして働きながら、国内外の九つの大学に通い博士号を取得する。現在は、国際観光ジャーナリストとして出版物も手掛ける。

2009年には、上田市ゆかりの武将である真田幸村の活躍や生き方を歌った「真田幸村 男の美学」を自ら作詞作曲した。

著名な親族[編集]

妻はシャンソン歌手の紫倉麻里子、息子は映画コメンテーター・ラジオパーソナリティーの有村昆。有村の妻はニュースキャスター丸岡いずみ

著書[編集]