藤川靖彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アートディレクター藤川靖彦氏、2017年2月4日に神奈川県横浜市の横浜国際プールで開催された全国都市緑化よこはまフェアで撮影

藤川 靖彦(ふじかわ やすひこ、1961年 - )は、花絵師・イベントプロデューサー地面に花びらで巨大な花絵を描くイタリアの伝統的なフラワーアート「インフィオラータ」を創作する。限りある命のアートを意味するエフェメラル・アーティストを名乗っている[1]。エンジン01文化戦略会議メンバー[1]。アジアで唯一のエフェメラルアート国際連盟「Coordinadora Internacional de Entidades de Alfombristas de Arte Efimero」理事を務める。株式会社インフィオラータ・アソシエイツ代表取締役社長・一般社団法人花絵文化協会代表理事。

プロフィール[編集]

1961年東京生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒。

限りある命=Ephemeral をテーマに、国内外において花やキャンドル等を使ったエフェメラル・アートを創作。大地をキャンバスに花びらで描く花絵「インフィオラータ」の日本の第一人者で、現在まで国内外450ヵ所以上で1500作品以上を創作・プロデュース、年間150万人以上の集客をはかるアートイベントへと育て上げた。

近年は海外で歌舞伎絵を花で再現する「花歌舞伎」の創作活動を積極的に行っており、世界各地から創作の依頼が殺到している。 2018年、ベルギー・グランプラスの世界遺産20周年を記念したフラワーカーペットに世界代表のゲストとして招かれ、世界各国代表のアーティストとともに作品を創作した。2020年現在6ヵ国25地域で、招待アーティストとして作品を創作。

2009年5月、横浜日本大通りで開催された横浜開港150周年記念イベントでは、日本大通りを封鎖し、2000名(応募8000名)の横浜市民と国内最大の「インフィオラータ」を創作、2日間で50万人以上の来場者を集めた。

2011年4月、東日本大震災の被災地への支援プロジェクト「Flower's YELL」を立ち上げ、10万本のバラの生花を福島県・宮城県・岩手県の避難所や学校に、自ら届けて回った。また2012年3月11日には、石巻市の中瀬に、1万本の薔薇と1万個のキャンドルで、桜の開花を見ずに亡くなった被災者に向け、中瀬一面に桜のアート「桜灯」を石巻市民とともに創作した。2017年以降は毎年3月11日に福島県いわき市の仮設住宅を訪問し、新しい献花のスタイルとして花絵を創作、被災者の方々とともに追悼の花絵を創作している。

2015年6月、スペインでの創作を、毎日放送「情熱大陸」が密着取材を行い大反響を呼ぶ。これを機にテレビ・ラジオ・新聞・雑誌・WEB等に数多く出演中。

2017年7月、NHK国際放送「Direct Talk」、NHK「日曜美術館」が密着取材を行う。「日曜美術館」ではアルチンボルトの代表作"春"を花絵で挑戦したが、完成させることができなかった。

またローマ法王やベトナム共産党書記長等、VIPに捧げる作品も数多く創作する。

2017年より毎年3月~5月、東京の春の観光文化創造に向け首都圏エリアにて「東京インフィオラータ」を主催。(日本経済新聞「NIKKEI The STYLE」等で紹介)

2017年秋には、ミス・インターナショナル世界大会とタイアップした「Flower Peace」を主催。天王洲を皮切りに、都内各所にてミス・インターナショナルの各国代表者とともに平和の花絵を創り、世界平和を呼びかけた。

2020年5月、高輪ゲートウェイ駅特設会場にて、2年に1度開催されるインフィオラータの世界大会「ワールドフラワーカーペット2020」を東京に誘致、世界26か国地域から160名の花絵師が来日、1200㎡の世界で一番美しい花の絨毯を東京に敷き詰める予定であったが、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により中止となってしまった。

また「集客」と「ブランディング」のスペシャリストとして、20歳代より数々のプロジェクトに企画プロデューサーとして携わる。

1999年、21世紀初となる大規模都市再開発事業「晴海トリトンスクエア」開業に向けた総合プロデューサーを務める。「日本で一番美しいクリスマスイルミネーション」に選ばれる等、開業前から数々の話題を創出、開業プロモーションを大成功におさめる。トリトンスクエア後は、汐留地区再開発(汐留西地区イタリア街)のブランディング及びPR戦略プロデューサーを務める。

パブリシティ効果と集客性の高い話題づくりに定評があり、官公庁や自治体、団体、企業等が主催する各種イベント、フェスティバルやキャンペーンのプロデューサーを務める。

2003年より、外務省が主催する国内最大のアフリカイベントである「アフリカン・フェスタ」の総合プロデューサーを務める。当初5万人(2日間開催)だった来場者数を21万人へと育て上げた。

2014年、日本最大の国際協力イベントである「グローバルフェスタJAPAN」の総合プロデューサーを務める。AKB48とマサイ族をコラボレートさせたオープニングセレモニーは大きな話題を呼んだ。

2015年、黒岩神奈川県知事より特命を受け、神奈川県&ベトナム交流イベント「ベトナムフェスタin神奈川」の総合プロデュースを務める。初の開催ながら2日間で40万人の来場者を集めた。

また観光庁が主催する数々の海外観光博覧会における日本パビリオンのプロデューサーを務める。2012年には「ロサンゼルス・ドジャース」とタイアップを行い、ドジャースタジアムにおいて日本への観光誘致を呼びかける“Japan Night”イベントをプロデュース、この年の年間球場最高観客数を記録した。

2019年3月よりInterFM897にて番組DJを務める。現在放送の番組は「Flower's YELL」(毎週金曜日18:36~18:51放送)

2005年1月、かねてから推奨していた離島における「バカンス型SOHOスタイル」を実践すべく八丈島に1,000㎡のアトリエを開設。大自然に囲まれながら、健康的且つ効率的なビジネスライフをおくる。

またアフリカのサバンナで野生の動物達の写真を撮影、これまでに2回の個展(2015年恵比寿・2019年横浜)を行う。2015年に初の写真集「Savanna Hot-Line」も発売。

一般社団法人花絵文化協会代表理事/エフェメラル・アート国際連盟理事/エンジン01文化戦略会議会員

演出・作成したインフィオラータ[編集]

  • 晴海アイランドトリトンスクエア10面以上のインフィオラータ作成(2001年ころ以降)
  • 開国博Y150 横浜市中区の日本大通りを使って、10面の絵柄のインフィオラータを作成 参加市民は4倍の倍率を突破した2,000名(2009)
  • スペインバルセロナで開催のCongres Internacinal d‘Art Efimerに日本代表として参加(2012)[2]
  • イタリア シチリア州ノート市で開催のインフィオラータに参加(2013)[3][4]
  • 国営昭和記念公園紅葉まつり(2013)[5]
  • バチカンで開催の世界大会「Congresso internazionale dei tappeti d'arte effimera」に日本代表として参加(2014)[6][7]
  • サッポロフラワーカーペット(2014-2015)[8]
  • インフィオラータ神戸(2014)
  • 千里中央(20150711-20150712)
  • イタリア シチリア州ノート市インフィオラータ2016,第6回エフィーメラル・アート国際会議[9] 花歌舞伎
  • ライティング・オブジェ(2016)[10]
  • 全国都市緑化よこはまフェア(2016)[11]
  • 第1回東京インフィオラータ・ウィーク2017(2017) 都内18会場で開催[12][13]
  • 東京家政学院大学 千代田KVA祭(ローズ祭)(2017)[14][15]
  • 東京インフィオラータ(2018)[16] 27会場で開催[17]
  • ライティング・オブジェ(2018) インフィオラータに続く新しい花絵アート作品「花衣雪だるま」を展示[18][19]
  • 東京インフィオラータ(2019)[20] 約50会場で開催

八丈島フリージアまつりでのフリージアインフィオラータ[編集]

東京都立八丈高等学校の生徒がプロデュース・チームなる事務局を運営しており、生徒たちがデザイン、花摘み、制作を行っている[21]

  • 2013年 企画が立ち上がる[21]
  • 2014年 第1回[21] イタリア大使館後援[22]
  • 2015年[13]
  • 2016年 ポケットモンスターコラボ[23] イタリア大使館後援[24]
  • 2017年[25]
  • 2018年[21] 東京都後援[26]
  • 2019年[27] 一時は2018年で終了する事が決まりかけたが[28]、規模を縮小して2019年は開催できることになった。

その他、演出したイベント[編集]

  • 晴海アイランドトリトンスクエア完成記念イベントで、窓を使ってビル壁面に巨大なクリスマスツリーを描いた(2000)[29]
  • 汐留イタリア街第1期オープン(2003)
  • オール東京市区町村喫煙マナーアップキャンペーン(2005)[30]
  • 東日本大震災被災者支援活動として、被災地の子供たちに10万本のバラをおくるプロジェクト「Flower’s Yell(フラワーズ・エール)」(2011から)
  • 西武園ゆうえんちラスカライルミナータ/ステラフォレスターレ 長い直線の階段にキャンドルで大きな絵を描いた(2011,2012,2013)[31]
  • アフリカンフェスタ横浜(2011.2012,2013) ※小型インフィオラータあり
  • 東日本大震災被災者に向けた追悼 アート 「桜灯」※宮城県石巻市を流れる北上川中州にて、10,000本のバラと、10,000個のキャンドルで製作
  • グローバルフェスタJAPAN 日比谷公園にて開催(2014)[32] ※小型インフィオラータあり
  • よこはま動物園ズーラシア完全オープンイベント マサイ族を呼んだ(2015)[33]
  • ベトナムフェスタ in 神奈川(2015)[34]
  • ベトナムフェスタ in 神奈川(2016)[35] 集合写真の左から2番目に写っている
  • 第20回国際バラとガーデニングショウ(2018)[36] ※インフィオラータあり

エピソード[編集]

  • アフリカ野生動物が好きで、数回訪問し、写真集を出版し、恵比寿画廊で写真展を開催した[37]。撮影の際に知り合ったマサイ族を、数回、日本に呼んだ[33][38]
  • 住居兼アトリエ八丈島にある。島寿司明日葉酒がお気に入り。家の中に入り込み風呂場を荒らすが苦手。
  • テレビでは「プロレスラー並みの筋肉」[39][40] と表現されたが、ライフワーク卓球
  • プロデュースしたインフィオラータイベントはイタリア大使館後援となる場合がある[22]
  • 晴海トリトンスクエアのインフィオラータは、最初に指導したものの、住民たちが会得してしまい、観覧車も含めて、もはや指導する事がなくなってしまい、開催時期になると、を嫁がせた父親の気分になるという。
  • INFIORATA(インフィオラータ)を商標登録しているのは、各地の取り組みに制約が及ばないようにする為[41]
  • イタリア語スワヒリ語は、ほとんど話せない。

出典[編集]

  1. ^ a b エンジン01文化戦略会議 構成メンバー 会員一覧”. エンジン01. 2015年6月23日閲覧。
  2. ^ Es presenta el IV Congrés Internacional d'Art Efímer - Sala de premsa. Generalitat de Catalunya” (2012年). 2015年6月24日閲覧。
  3. ^ 2013年 世界遺産 イタリアノート市でのインフィオラータ”. 書家 木下真理子 (2013年5月). 2015年6月24日閲覧。
  4. ^ シチリア・ノートにおけるインフィオラータ(花祭り)「日本へのオマージュ」”. 在イタリア日本国大使館・広報文化班 (2013年3月). 2019年1月24日閲覧。
  5. ^ 国営昭和記念公園 紅葉まつり 2013” (2014年). 2015年6月24日閲覧。
  6. ^ 大会のプログラム(イタリア語)26日15:30” (2014年). 2015年6月24日閲覧。
  7. ^ バチカンに歌舞伎絵 花のじゅうたんで描く”. 日本経済新聞 (2014年6月30日). 2019年1月24日閲覧。
  8. ^ Sapporo Flower Carpet2015”. 札幌駅前通まちづくり株式会社 (2014年). 2015年6月24日閲覧。
  9. ^ ライティンブ・オブジェ2016参加アーティスト”. Ambasciata del Giappone in Italia (2015年). 2019年1月24日閲覧。
  10. ^ ライティンブ・オブジェ2016参加アーティスト”. ライティング・オブジェ事務局 (2016年). 2016年12月16日閲覧。
  11. ^ 2月4日-5日、会場内に巨大なフラワーアートが登場!”. 横浜ビーコルセアーズ (2017年1月16日). 2019年1月24日閲覧。
  12. ^ 初開催!2万人の“東京人”で創る花のウエルカムカーペット 「東京インフィオラータ・ウィーク2017」“桜咲く頃、東京は花のキャンバスへと変わる””. @Press (2017年2月9日). 2019年1月24日閲覧。
  13. ^ a b 東京インフィオラータ・ウィーク 花びらで巨大絵 18会場で18日から順次イベント /東京”. 毎日新聞 (2017年3月14日). 2019年1月24日閲覧。
  14. ^ 初めて千代田KVA祭(ローズ祭)で「花絵」が登場 -- 学生がバラ3千本でバラを制作 -- 千代田KVA祭(ローズ祭)で、学生が花絵師藤川靖彦氏の協力を得て制作・公開 -- 東京家政学院大学”. 毎日新聞 (2017年6月1日). 2019年1月24日閲覧。
  15. ^ 【報告】ローズ祭でのインフィオラータ(花絵)制作報告”. 東京家政学院大学 (2017年6月28日). 2019年1月24日閲覧。
  16. ^ 東京インフィオラータ2018 東京ガーデンテラス紀尾井町・テラススクエア・KITTE・お茶ノ水ソラシティ他、30~50会場”. CULTURE NIPPON (2018年). 2019年1月24日閲覧。
  17. ^ パンフレット”. 東京インフィオラータ (2018年). 2019年1月24日閲覧。
  18. ^ 世界中どこにもない雪だるまアートが登場! 雪のフォトジェニック「花衣雪だるま」  12/13~24に東京・丸の内、来年2/1~3に山形・寒河江で展示!”. 朝日新聞 (2018年12月12日). 2019年1月24日閲覧。
  19. ^ 世界中どこにもない雪だるまアートが登場! 雪のフォトジェニック「花衣雪だるま」 ※リンク切れ”. 読売新聞 (2018年12月12日). 2018年12月12日閲覧。
  20. ^ 東京インフィオラータ2019 パンフレット”. 東京インフィオラータ (2018年). 2019年1月24日閲覧。
  21. ^ a b c d フリージアインフィオラータ”. 東京都立八丈高等学校 (2018年4月). 2019年1月24日閲覧。
  22. ^ a b フリージア・インフィオラータで八高生と花絵を描こう!”. 八丈島のスーパーあさぬま (2014年3月30日). 2019年1月24日閲覧。
  23. ^ 「八丈島フリージアまつり」50周年記念「フリージア・インフィオラータ2016 in八丈島」2016年4月2日・3日開催”. 産経新聞 (2016年2月2日). 2019年1月24日閲覧。
  24. ^ 「八丈島フリージアまつり」50周年記念 「フリージア・インフィオラータ2016 in八丈島」2016年4月2日・3日開催 ~花の絨毯インフィオラータとポケモンがコラボレーション!~”. @Press (2016年2月2日). 2019年1月24日閲覧。
  25. ^ 八丈島フリージアまつりPR隊のみなさま”. 朝日新聞 (2017年2月21日). 2019年1月24日閲覧。
  26. ^ 第52回八丈島フリージアまつり 3/25(日)~4/8(日)”. 八丈島観光協会 (2018年3月1日). 2019年1月24日閲覧。
  27. ^ 第53回八丈島フリージアまつり”. 八丈島フリージアまつり実行委員会 (2019年). 2019年1月24日閲覧。
  28. ^ 2014年より5年間続いたフリージアインフィオラータですが、2019年は開催を中止せざるを得ない状況となりました。”. フリージア・インフィオラータ2018 in 八丈島 (2018年10月16日). 2019年1月24日閲覧。
  29. ^ 中央区” (2000年). 2019年1月24日閲覧。
  30. ^ 「オール東京市区町村喫煙マナーアップキャンペーン」 ※2019年1月時点ではリンク切れ”. SAP (2005年7月30日). 2015年6月24日閲覧。
  31. ^ 感動発掘・発信インタビュー 『あなたのこころをうごかす、おしえてください』-#11 藤川 靖彦さん-”. 感動創造研究所 (感動創造研究所). 2019年1月24日閲覧。
  32. ^ グローバルフェスタJapan2014 マサイの戦士がやってくる!”. ルフェスタJapan2014 (2015年). 2015年6月24日閲覧。
  33. ^ a b ズーラシアにマサイ族が”. タウンニュース (2015年5月14日). 2019年1月24日閲覧。
  34. ^ 「ベトナムフェスタin神奈川」実行委員会・共同会見”. 神奈川県 (2015年5月14日). 2015年6月24日閲覧。
  35. ^ 国内最大級のベトナムフェス 横浜で10月、食や芸術など多彩に|カナロコ|神奈川新聞ニュース”. 神奈川新聞 (2016年6月25日). 2016年12月16日閲覧。
  36. ^ 国際バラとガーデニングショウ 6万本の花びらで巨大絵 4カ国デザイナー市民らと制作 /埼玉”. 毎日新聞 (2018年5月22日). 2019年1月24日閲覧。
  37. ^ 人間国宝が創る手漉き和紙でサバンナの世界を表現したい。和紙で魅せる写真アート展。”. クラウドファンディング - Makuake(マクアケ) (2015年2月11日). 2015年6月24日閲覧。
  38. ^ 安住紳一郎の日曜天国 西武園ゆうえんちでマサイ族に会える!”. TBSラジオ (2013年5月5日). 2019年1月24日閲覧。
  39. ^ 藤川靖彦(花絵師): 情熱大陸 - 毎日放送”. 毎日放送 (2015年6月21日). 2015年6月23日閲覧。
  40. ^ 情熱大陸 まるでレスラーのような男の職業は花絵師 藤川靖彦に密着”. 毎日新聞 (2015年6月19日). 2019年1月24日閲覧。
  41. ^ 商標登録第5637611号

外部リンク[編集]