藤山秀章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤山 秀章(ふじやま ひであき、1957年5月22日 - )は、日本の国土交通技官国土交通省水資源部長や、国土交通省北陸地方整備局長、福田組副社長等を務めた。土木学会国際活動奨励賞受賞。

人物・経歴[編集]

新潟県長岡市出身。1981年北海道大学工学部土木工学科卒業、建設省入省。1994年建設省河川局河川計画課課長補佐。1996年建設省中国地方建設局斐伊川神戸川総合開発工事事務所長。1999年建設省大臣官房付。2000年フィリピン派遣[1]

2005年国土交通省河川局河川計画課河川情報対策室長。2007年岐阜県都市建築部長[1]。同年土木学会国際活動奨励賞受賞[2]。2010年国土交通省関東地方整備局利根川上流河川事務所長[1]。2012年内閣府政策統括官(防災担当)付参事官(地震・火山・大規模水害対策担当)[3][4](併)内閣官房東日本大震災対応総括室参事官[5]

2014年国土交通省水管理・国土保全局水資源部長(併)内閣官房副長官補内閣審議官(併)内閣官房水循環政策本部事務局長[5]。2015年から国土交通省北陸地方整備局長を務め[6]国土強化のための連携などにあたった[7]。2016年国土交通省大臣官房[8]。2017年河川財団参事[9][10]。2019年福田組執行役員副社長[11]

脚注[編集]

先代:
越智繁雄
国土交通省水資源部長
2014年 - 2015年
次代:
北村匡