新保土ヶ谷インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
新保土ヶ谷インターチェンジ
(藤塚インターチェンジ)
所属路線 Japanese National Route Sign 0001.svg国道1号
E83 横浜新道
起点からの距離 4.5km(保土ヶ谷IC起点)
星川IC (1.5km)
(1.2km) 今井IC
所属路線 Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
保土ヶ谷BP
起点からの距離 0.0km(新保土ヶ谷IC起点)
所属路線名 Japanese National Route Sign 0016.svg国道16号
E16 横浜新道
起点からの距離 0.0km(新保土ヶ谷IC起点)
狩場IC (1.2km)
供用開始日 1973年4月17日
通行台数 x台/日
所在地 神奈川県横浜市保土ケ谷区藤塚町
テンプレートを表示
新保土ヶ谷インターチェンジ
藤塚インターチェンジ出入口(新保土ヶ谷ICの大規模照明塔方向を望む)

新保土ヶ谷インターチェンジ(しんほどがやインターチェンジ)は、神奈川県横浜市保土ケ谷区藤塚町にある国道1号横浜新道と、国道16号保土ヶ谷バイパスおよび国道16号横浜新道を接続するインターチェンジである。

ここでは、併設している藤塚インターチェンジ(ふじつかインターチェンジ)と、新保土ヶ谷インターチェンジの施設の一部である新保土ヶ谷料金所(しんほどがやりょうきんじょ)についても併記する。

歴史[編集]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

新保土ヶ谷インターチェンジ
国道1号横浜新道と、国道16号保土ヶ谷バイパスおよび国道16号横浜新道の相互を接続する。
藤塚インターチェンジ
新保土ヶ谷インターチェンジのランプと藤塚町の一般市道を接続する。なお、一般市道から国道1号横浜新道戸塚方向への接続はない。

料金所[編集]

新保土ヶ谷料金所
国道1号横浜新道保土ヶ谷インターチェンジ - 新保土ヶ谷インターチェンジ間の改築完成により、新保土ヶ谷インターチェンジのランプ上に設置された。横浜新道保土ヶ谷インターチェンジ方面と、保土ヶ谷バイパス八王子方面・横浜新道横須賀方面、及び藤塚インターチェンジの相互を利用する場合において、料金を徴収する料金所である。

[編集]

国道1号横浜新道
(10) 星川IC - (11) 藤塚IC/(12) 新保土ヶ谷IC - (13) 今井IC
国道16号保土ヶ谷バイパス
新保土ヶ谷IC - 新桜ヶ丘IC
国道16号横浜新道
新保土ヶ谷IC - (1) 狩場IC/JCT

路線バス[編集]

横浜新道下り線の本線上、及び戸塚方面から(上り線)の藤塚IC内に『藤塚町』バスストップがあり、相鉄バス浜17・18系統東戸塚駅西口行きが利用できる。

また、横浜新道戸塚方面から藤塚ICを出ずに料金所方面に行くと、2003年に廃止された神奈中バス東05系統のバスストップ跡がある。(現在は立入禁止)

かつては、インターチェンジに隣接された場所にソニーの中央研究所や関連施設があり、バスストップ名は『ソニー研究所前』であったが、2004年12月頃までにソニーは移転・撤退し、現在のバスストップ名に変更となった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]