藤原喜蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 喜蔵(ふじわら きぞう、1888年明治21年)2月 - 1956年昭和31年)4月29日[1])は、朝鮮総督府官僚岩手県水沢市長

経歴[編集]

岩手県出身。1914年大正3年)に東京帝国大学法科大学独法科を卒業した[2]青森県属、同警視、同東津軽郡長、同理事官を経て、1919年(大正8年)に朝鮮総督府に転じた[3]咸鏡南道警察部長、平安南道警察部長、京畿道警察部長、朝鮮総督府官房秘書課長、平安南道内務部長、同知事を歴任した[3]。その間、1927年(昭和2年)にはジュネーブ海軍軍縮会議に随員として参加した[3]

1935年(昭和10年)に退官した後は朝鮮洋紙株式会社社長、北鮮製紙化学工業専務取締役などを務めた[3]

その後、水沢町長を務め、1954年(昭和29年)に水沢町が市制を施行すると初代市長に就任した[2]

著書[編集]

  • 『朝鮮の回顧』(近沢書店、1945年) - 和田八千穂との共著

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 1 (政治・経済・社会篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、1084頁。
  2. ^ a b 日本の歴代市長 第1巻 p.255 1983.
  3. ^ a b c d 人事興信録 1941.

参考文献[編集]

  • 人事興信所編 『人事興信録 第13版(下)』 人事興信所、1941年
  • 『日本の歴代市長 第1巻』 歴代知事編纂会、1983年