高橋光夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 光夫(たかはし みつお、1945年8月24日 - )は、日本政治家。元岩手県水沢市長(1期)。

来歴[編集]

岩手県紫波郡紫波町出身。1964年岩手県立盛岡商業高等学校卒。同年東北電力に入社、水沢営業所に勤務する。労働組合で活動する一方、民社党胆江総支部長、岩手県連書記長などを務める。1979年から水沢市議を7期務め、議長も2期務めた。2004年1月の水沢市長選挙に立候補し、無投票で当選した[1]2006年に水沢市は江刺市など4市町村と合併し、奥州市が発足した。合併直後の奥州市長選挙に立候補した。この選挙では元江刺市長の相原正明と元衆議院議員高橋嘉信の3人の争いとなった。選挙の結果相原正明が当選し、高橋光夫は落選した。現在、奥州市社会福祉協議会会長を務める。

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』 2004年1月19日朝刊第2面

参考文献[編集]