藤原喜一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤原 喜一(ふじわら きいち、1880年明治13年)12月17日 - 1990年平成2年)3月6日)は、神奈川県逗子市男性長寿日本一だった男性。

人物[編集]

1880年大分県西国東郡呉崎村(現:豊後高田市)に生まれる。呉崎小学校教師から関西法律学校明治法律学校法律経済学を学び、1904年実業之日本社に入社。編集長、理事を務める。1928年退社後は三省堂出版部顧問に[1]戦後東洋美術史中国書道史の著述をする傍ら、駒澤大学東京学芸大学横浜国立大学で東洋美術史、中国書道史を講義[2]。藤原楚水の雅号で書や漢詩に関する著書が多数ある。

1912年頃、田越村だった頃から逗子に住み、亡くなるまでの約80年間を逗子で暮らす。

1990年1月、鶴英寿の死去に伴い、男性長寿日本一となる。1990年3月6日、逗子ホーム・せせらぎにて老衰のため死去。

回想[編集]

  • 『東方学回想 Ⅲ 学問の思い出〈1〉』東方学会編、刀水書房、2000年。座談会での回想を収録

脚注[編集]

  1. ^ 逗子・神奈川の資料検索 藤原楚水文庫|逗子市立図書館”. www.library.city.zushi.kanagawa.jp. 2020年2月28日閲覧。
  2. ^ 藤原楚水氏(昭和7年):逗子フォト | 逗子市”. www.city.zushi.kanagawa.jp. 2020年2月28日閲覧。