藤原千方の四鬼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「書画五十三駅 近江土山千方之邪法」に描かれている藤原千方の四鬼

藤原千方の四鬼(ふじわらのちかたのよんき)は、三重県津市などに伝えられる伝説の

概要[編集]

様々な説があるが、中でも『太平記』第一六巻「日本朝敵事」の記事が最も有名。

その話によると、平安時代、時の豪族「藤原千方」は、四人の鬼を従えていた。どんな武器も弾き返してしまう堅い体を持つ金鬼(きんき)、強風を繰り出して敵を吹き飛ばす風鬼(ふうき)、如何なる場所でも洪水を起こして敵を溺れさせる水鬼(すいき)、気配を消して敵に奇襲をかける隠形鬼(おんぎょうき。「怨京鬼」と書く事も)である。藤原千方はこの四鬼を使って朝廷に反乱を起こすが、藤原千方を討伐しに来た紀朝雄(きのともお)の和歌により、四鬼は退散してしまう。こうして藤原千方は滅ぼされる事になる。

他の伝承では、水鬼と隠形鬼が土鬼(どき)、火鬼(かき)に入れ替わっている物もある。 また、この四鬼は忍者の原型であるともされる。

創作における藤原千方の四鬼[編集]

漫画[編集]

ゲーム[編集]

  • 無双OROCHIシリーズ:金鬼、風鬼、水鬼、隠形鬼が登場している。
  • 女神転生シリーズ:シリーズのⅢやSJなどに金鬼、風鬼、水鬼、隠形鬼が登場している。
  • 信長の野望Online:藤原千方、金鬼、風鬼、水鬼、隠形鬼が登場している。
  • あさき、ゆめみし:藤原千方、金鬼、風鬼、水鬼が登場している(怨京鬼という単語等も登場)。

関連項目[編集]