藤井雄一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

藤井 雄一郎(ふじい ゆういちろう、1969年5月28日 - )は、日本の元ラグビー選手で、トップリーグ福岡サニックスブルースの部長兼監督。現役時代のポジションはセンター(CTB)、ウィング(WTB)

経歴[編集]

天理高等学校名城大学卒、社会人ではニコニコ堂サニックスで2001年までプレーした。

2002年に母校である名城大学のヘッドコーチに就任。就任一年目で中京大学の東海リーグ133連勝を止め、翌年、大学選手権出場は逃したが、20年ぶりの東海リーグ優勝に導いた。

2004年、サニックスに復帰しバックスコーチとなる、2005年には監督に就任。トップリーグ昇格当初低迷が続いたサニックスだが、藤井の監督就任後(12位→9位→12位→11位→7位→8位)、3度の入替戦を行っているものの、着実に順位を上げ、1度もトップリーグからの降格はしていない。 トップリーグ唯一の雑草集団と言われるチームを率い、残した戦績は日本ラグビー界から高い評価を受ける。 2013年豊田自動織機に入れ替え戦で破れ降格、2014年シーズンは九州リーグトップチャレンジ全勝でトップリーグに復帰したが、最下位に終り1年で再降格した。2015年シーズンは九州リーグトップチャレンジ全勝で入れ替え戦でもNTTドコモレッドハリケーンズに勝利して1年でトップリーグに復帰した。

2016年より現役監督としては初めて日本協会理事となる。

2017年サンウルブズに所属、キャンペーンディレクターを経てGMに就任

関連項目[編集]

外部リンク[編集]