藤井宗哲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤井 宗哲(ふじい そうてつ、1941年(昭和16年) - 2006年(平成18年))は、日本の料理研究家、演芸評論家臨済宗僧侶

来歴[編集]

大阪生まれ。仏教大学中退。埼玉県平林寺僧堂和歌山県興国寺神奈川県建長寺で修行し、典座(台所役)を務める。角川書店で『三遊亭円朝全集』の編纂に携わる。鎌倉不識庵で、精進料理塾「禅味会」を主宰した。妻は藤井まり

著書[編集]

  • 『寄席 よもやま話』保育社 カラーブックス、1977
  • 『たいこもち(幇間)の生活』雄山閣出版 生活史叢書、1982
  • 『禅味滋味 精進料理123品』実業之日本社、1985
  • 『ぶらり鎌倉 ちょっといい味いい話』みずうみ書房、1987
  • 『食はこころなり 鎌倉の精進料理』竹村出版、1989
  • 『宗哲和尚のファッショナブル精進料理 手早くおいしく108種』農山漁村文化協会、1989
  • 『続・ぶらり鎌倉 ちょっといい味いい話』みずうみ書房、1989
  • 『宗哲和尚の禅味納豆料理』徳間書店、1990
  • 『仏教 日本人の魂を伝えることわざ』ことばの民俗学 創拓社、1990
  • 『禅寺の食卓 宗哲和尚の精進料理』鈴木出版、1992
  • 『心に花を、食に潤いを 宗哲和尚の心食談義』東京堂出版、1993
  • 『仏教語源散策辞典』創拓社、1993
  • 『鎌倉不識庵精進料理十二カ月』実業之日本社、1994
  • 『禅寺の精進料理十二か月』ちくま文庫、2004
  • 良寛=魂の美食家』講談社現代新書、1994
  • 『男は黙って精進料理 宗哲流、素食のすすめ』雄鶏社、1996、日曜日の遊び方

共著[編集]

編纂[編集]

  • 金原亭馬生集成』全3巻、旺国社、1976-77
  • 『花柳風俗語辞典』東京堂出版、1982
  • 『自伝音二郎・貞奴三一書房、1984
  • 『精進料理辞典』東京堂出版、1985

訳著など[編集]

参考[編集]