藤井壮浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
藤井 壮浩
Masahiro Fujii
Volleyball (indoor) pictogram.svg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1973-03-06) 1973年3月6日(46歳)
出身地 宮城県桃生郡雄勝町(現石巻市
ラテン文字 Masahiro Fujii
身長 190cm
体重 75kg
血液型 B型
選手情報
所属 東海大学
役職 監督
指高 243cm
利き手
スパイク 343cm
ブロック 328cm
テンプレートを表示

藤井壮浩(ふじい まさひろ、1973年3月6日-)は日本の元男子バレーボール選手、指導者。現在、東海大学体育学部准教授、同大学女子バレーボール部監督。

来歴[編集]

宮城県桃生郡雄勝町(現石巻市)出身。中学1年生よりバレーボールを始める。

1990年、第21回春高バレーにおいて、東北高校のエースとして準優勝に大きく貢献。

東海大学進学後、1993年・1994年の全日本インカレ連覇に貢献し、1995年Vリーグ(当時)NECブルーロケッツに入団。

NEC時代のVリーグでは、1996年第2回Vリーグ優勝、1999年第5回Vリーグ優勝などに貢献し、2002年現役引退。

現役引退後は指導者として、2008年より東海大学女子バレーボール部監督となり同年全日本インカレ準優勝、2010年の同大会準優勝。2011年の同大会では悲願の優勝に導いた[1]

2015年の第28回ユニバーシアード競技大会(韓国/光州)では女子バレーボールチームの監督を務め、18年ぶりの銅メダル獲得という快挙を成し遂げた[2]

球歴[編集]

参考文献[編集]

  • 月刊バレーボール1月号臨時増刊「第12回Vリーグ観戦ガイドブック」日本文化出版社刊

DVD[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]