蒲寿庚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蒲 寿庚(ほ じゅこう、生没年不詳)は、中国南宋末から初期の商人、軍人、政治家。アラブ系イスラム教徒、元代の「色目人官僚」の嚆矢ともいえる人物。

南宋時代泉州において貿易商として財を成し、地域の有力者として頭角を表す。朝廷にその実力を認められ、招撫使に任じられ福建水軍の司令官となる。

1276年南宋末期の動乱時、端宗を奉じた宰相陳宜中らを中心とする南宋首脳部は蒲寿庚の財力、軍事力を頼り、福州から泉州への遷都を計画したが、この時、元に寝返って南宋に叛旗を翻した。投降の際、泉州城内の宋の宗室を処刑し、元に忠誠を誓った。本来、出自が騎馬民族である元は水戦を苦手としていたが、蒲寿庚の投降により水軍勢力を強化し、南宋の亡命政府を厓山に追い詰め滅ぼした(崖山の戦い)。元代に入っても引き続き重用され、泉州を当時中国最大級の貿易港へと発展させた。

参考文献[編集]