端宗 (宋)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
端宗 趙昰
南宋
第8代皇帝
Song Duanzong.jpg
王朝 南宋
在位期間 1276年6月14日 - 1278年5月8日
姓・諱 趙昰
諡号 裕文昭武愍孝皇帝
廟号 端宗
生年 咸淳5年6月10日
1269年7月10日
没年 景炎3年4月15日
1278年5月8日
度宗
楊淑妃
陵墓 永福陵
年号 景炎 : 1276年 - 1278年

端宗(たんそう)は、南宋の第8代皇帝。姓は趙、は昰(=「是」)。代に編まれた『宋史』では建国公として、恭帝(瀛国公)、衛王(永国公)と共に本紀の最後の巻(第四十七)にまとめられている。

生涯[編集]

度宗の三男として生まれる。益王に封じられていたが、徳祐2年(1276年)に都・臨安が陥落し、弟の恭帝が元に降伏して捕らえられると、趙昰と母親の楊淑妃、弟の衛王楊亮節などの手引きにより福建へ脱出した。趙昰は新たな皇帝に立てられ、福州濂浦において7歳で即位し、景炎と改元した。張世傑陸秀夫ら主戦派は故地回復を画策するが、元軍が迫ると有効な対抗策がなく、張世傑とともに海路避難することに終始した。

景炎3年(1278年)3月、元軍に追われて広州湾に逃れたが、乗船した船が転覆する事故が発生した。端宗は海中より救助されたものの、これが原因で病となり、洲(現在の広東省湛江市麻章区)に逃れた際に同地でわずか10歳で崩御した。

関連項目[編集]

  • 宋王台 - 香港の地名、公園になっている。端宗と衛王の兄弟が休息した場所と伝えられる。